カウルを軸にしたトランスコンチネンタル

利便性の高いボルトオンパーツを軸に展開するキジマが送り出すのは、やはり人気のホンダ・レブルがベースのカスタム。見て分かるように、ハーレーダビッドソンのツーリングモデルが装着するいわゆる“ヤッコカウル”をアレンジして、レブルに合うように設定。

全体のパーツ構成も“トランスコンチネンタルスタイル”=大陸横断仕様として、ゆったりした気分でのツーリングを行いやすいようにしたのが特徴であり、コンセプトとなる。

画像1: カウルを軸にしたトランスコンチネンタル

このカウルを軸にLEDフォグランプキット、安心感を高めるエンジンガードに飛び石や泥跳ねからエンジンを守るスプラッシュガード。カスタムハンドルやバッグサポートなど、まさに大陸横断気分が気軽に作れるパーツ群を満載。

このあたりは本家ハーレーダビッドソン用のシーシーバーほかパーツも手がけ、かつて2011年に“モンキー・ダビッドソン”(50cc)も手がけたキジマならでは。加えるならば2019年には同様のコンセプトによる本気の遊び心マシン「MON×DAVI(モンダビ)」フルキット(モンキー125ベースの50台限定セット)も展開していたから、ルックスのバランスなどポイントは押さえきっている。

画像2: カウルを軸にしたトランスコンチネンタル

撮影時にはユーロオーバルミラーのみが撮影時の開発中製品だったがこれもすでに発売している。モンダビの遊び心から、レブルでは一歩進んだ実用面も充実するはず。図らずもレブルがクルーザーだったと思い直させてくれる上に、かなり楽しめそうなのだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: “コンチネンタル”の軸となるフェアリングキットは税込4万5000円。重量2kgと軽く、ステーはハンドルマウント兼用。

“コンチネンタル”の軸となるフェアリングキットは税込4万5000円。重量2kgと軽く、ステーはハンドルマウント兼用。

画像: ヘッドライトにはヘッドライトリム(ブラス[真鍮]製 みがき無。ほかにスチール製クロームめっきもある)を装着。その下左右にはLEDフォグランプキットをセット。霧や薄暮といった悪条件下での被視認性も高まるし、ルックスもまとまるアイデアだ。

ヘッドライトにはヘッドライトリム(ブラス[真鍮]製 みがき無。ほかにスチール製クロームめっきもある)を装着。その下左右にはLEDフォグランプキットをセット。霧や薄暮といった悪条件下での被視認性も高まるし、ルックスもまとまるアイデアだ。

画像: ユーロタイプミラー(オーバル)は撮影時開発中だったが、完成。片方税込2750円。ノーマルと径がほぼ同じグリップヒーターGH07(写真はスイッチ一体タイプ)は実用性も高い。

ユーロタイプミラー(オーバル)は撮影時開発中だったが、完成。片方税込2750円。ノーマルと径がほぼ同じグリップヒーターGH07(写真はスイッチ一体タイプ)は実用性も高い。

画像: フェアリング内側、メーターには被せるだけでカスタム感の高まるメーターリングを装着。写真はブラス(真鍮)製・みがき無。スチールクロームめっきもある。 メーター前方には今やツーリングの必携品となった各種ガジェットをマウントするキジマ・テックマウント 4G バーマウント ブラック+TECHグリッパー セットや、ガジェット類への電源となるキジマUSBポートキットも装着される。

フェアリング内側、メーターには被せるだけでカスタム感の高まるメーターリングを装着。写真はブラス(真鍮)製・みがき無。スチールクロームめっきもある。

メーター前方には今やツーリングの必携品となった各種ガジェットをマウントするキジマ・テックマウント 4G バーマウント ブラック+TECHグリッパー セットや、ガジェット類への電源となるキジマUSBポートキットも装着される。

画像: 違和感ないデザインでラジエーターサイドに張り出し、軽度な転倒に対応するエンジンガードはスチール製。エキゾーストパイプ左右には泥跳ねからエンジンを守るアンダーガード スプラッシュガードを装着。アルミ製ガンメタアルマイト仕上げで武骨な印象も作りだす。

違和感ないデザインでラジエーターサイドに張り出し、軽度な転倒に対応するエンジンガードはスチール製。エキゾーストパイプ左右には泥跳ねからエンジンを守るアンダーガード スプラッシュガードを装着。アルミ製ガンメタアルマイト仕上げで武骨な印象も作りだす。

画像: ガソリンボトル&レザーホルダーセットは900cc容量で消防法適合品。航続距離が伸ばせる。このデモバイクでは、右側エンジンガードに取り付けている。

ガソリンボトル&レザーホルダーセットは900cc容量で消防法適合品。航続距離が伸ばせる。このデモバイクでは、右側エンジンガードに取り付けている。

画像: リアキャリアはリヤシートと“ツライチ”のデザイン。バッグサポート(左右あり)やETCレザーケース用ステー(サイドバッグの巻き込みを防ぐ)など、実用面も考慮される。

リアキャリアはリヤシートと“ツライチ”のデザイン。バッグサポート(左右あり)やETCレザーケース用ステー(サイドバッグの巻き込みを防ぐ)など、実用面も考慮される。

画像: テールランプKITはラウンド形状のLED。純正ウインカーにはキジマ・ウインカーリム(ブラス[真鍮製]みがき無)を装着。スチール製クロームめっきもあり、メーターやヘッドライトのリムと素材を揃えて統一感を楽しめるものだ。

テールランプKITはラウンド形状のLED。純正ウインカーにはキジマ・ウインカーリム(ブラス[真鍮製]みがき無)を装着。スチール製クロームめっきもあり、メーターやヘッドライトのリムと素材を揃えて統一感を楽しめるものだ。

取材協力:キジマ

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.