リコーイメージング株式会社は、リコーイメージングスクエアギャラリーで開催した写真展を360°のバーチャルリアリティ映像で鑑賞できる新コンテンツ「360°バーチャルギャラリー」を本日(2020年10月8日)より開設。

あの感動が蘇る??

画像: オペレートはなんつーか、某ストリートビューと同じような感じです。

オペレートはなんつーか、某ストリートビューと同じような感じです。

画像: もちろん気になった作品はアップにしてじっくり鑑賞することもOK。

もちろん気になった作品はアップにしてじっくり鑑賞することもOK。

画像: 360°なので、天井もしっかり写っています。ま、見ないだろうけど。

360°なので、天井もしっかり写っています。ま、見ないだろうけど。

「360°バーチャルギャラリー」は、全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した写真展会場の映像を、リコーの法人向けクラウドサービス「THETA 360.biz」でバーチャルツアー化したもの。
会場でリアルに鑑賞した時の感動をもう一度味わいたい、遠方であったりスケジュールの都合で来場が難しい、パソコンやスマホで気軽に作品を鑑賞したい、という声にこたえたもの。
また、VRゴーグルなどを利用することで、あたかもギャラリー内で鑑賞しているかのようなバーチャルリアリティー体験、さらに、すべての作品を「THETA 360.biz」のアノテーション機能により、1枚ずつじっくりと鑑賞していただくことも可能。
記念すべき第1回は、2020年9月10日(木)~10月5日(月)まで開催していたリコーイメージングスクエア東京アーカイバルコレクション「アンドレアス・ファイニンガー写真展-Andreas Feininger’s PENTAX Works-」Part-I、写真展「ニューヨーク」を公開。今後も公開可能な写真展は、積極的に追加していくとのこと。

360°バーチャルギャラリーサイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.