12月11日公開映画『新解釈・三國志』の主題歌が福山雅治書き下ろしの「革命」に決定した。

今からおよそ1800年前、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物「三國志」。「三國志」の中には、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備玄徳をはじめ、中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場し戦うことから、日本でも小説や漫画、そしてゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。

『今日から俺は‼』などを手掛ける福田雄一監督の解釈のもと脚本を描いた映画『新解釈・三國志』。
主演は、「蜀」の武将・劉備(りゅうび)玄徳(げんとく)を演じる大泉洋。これまで主演の大泉洋をはじめ以下キャストが発表されている。
チーム蜀の諸葛亮孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努。チーム暴の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗。チーム呉の周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史、黄蓋を矢本悠馬、魯粛を半海一晃。チーム妻の黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月。チーム舞の趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、チーム魏の曹操を小栗旬、荀彧を磯村勇斗、夏侯惇を阿部進之介が演じ、語り部として西田敏行が、およそ1800年前の漢王朝後期から三國時代にいたるまでを研究する歴史学者、蘇我宗光を演じる。

<主題歌情報>

革命
福山雅治
作詞・作曲・編曲:福山雅治
(AMUSE / UNIVERSAL J)

福山雅治コメント

【福山雅治 コメント】
今作の主題歌の依頼をいただいたこと、大変光栄かつ熱い気持ちでお受けさせていただきました。
台本を読ませていただいた『新解釈・三國志』は、その時代を懸命に生きる人間達の喜怒哀楽を、福田監督が人間愛の目線を持って、笑えて、かつ感動出来る作品へと昇華した一大エンタテインメント作品でした。劉備をはじめ、どの登場人物も大義を掲げ、祖国のより良い未来を求めて中華を変えようとする革命家である、と。その時代は武将に限らず、市井の人々も武将へと昇り詰めようと自分なりの「革命」を起こしていた人もいたでしょう。それは、時代を超え現代を生きる我々にも、そし
て未来を生きる人々にも通ずるのかと。この歌はそんな〝自分革命″の歌です。
「カッコいい楽曲を!」とのオファーをいただいたので、曲調はアップテンポのロックサウンド。
歌詞では「さあ風となれ。私よ今、私に革命を起こせ。私だけが、私を変えられるのだと」と、三國志の世界観に触発され、いつになく熱い言葉が生まれてきました。
『新解釈・三國志』における「男達の熱い部分」を勝手ながら担当させていただいたと思っております。
是非とも劇場でお楽しみください。

大泉洋コメント

まさか福山さんが主題歌をやられると聞いてびっくりしました。この映画は大人たちがお金をかけて好き勝手ふざけている作品なので、最後の最後で福山さんのめちゃめちゃカッコイイ歌が入ることで、作品が見事に締まって、すごくいい映画を観た気持ちになりました(笑)
ただ、嬉しい反面、福山さんまでこの福田雄一ワールドに加わってよかったのか!という思いはあります。日本の最後の砦みたいなとこありますから!そこは福田さんにも手を出してほしくなかったなー。このおバカ過ぎる世界に我らが福山さんまで引きずり込んで欲しくなかった(笑)​
福山さんご本人からは、主題歌をやられるにあたり、直接お会いした際に「洋ちゃんの役かっこいいよ~」としきりに仰っていただき、非常に壮大で熱い映画だと思っていらっしゃるようなのです、、、最後のクライマックス以外、劉備は95%くらいかっこ悪いはずなので、違う映画を観たんじゃないかと心配になっています(笑)
お正月映画にふさわしい、大変豪華で、大変壮大で、そして、本当にばかばかしい映画となっております。福山さんのかっこいい主題歌と共に是非ご期待ください。

予告映像

画像: 映画『新解釈・三國志』予告【12月11日(金)公開】 youtu.be

映画『新解釈・三國志』予告【12月11日(金)公開】

youtu.be

映画『新解釈・三國志』

2020年12月11日(金)全国公開

大泉洋
賀来賢人 橋本環奈 山本美月 岡田健史/橋本さとし 高橋努/岩田剛典  
渡辺直美/磯村勇斗 矢本悠馬 阿部進之介 半海一晃 
ムロツヨシ
山田孝之 城田優 佐藤二朗/西田敏行(語り部)
小栗旬

脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史 
プロデューサー:北島直明 松橋真三
主題歌:福山雅治「革命」(AMUSE / UNIVERSAL J)
配給:東宝
Ⓒ2020「新解釈・三國志」製作委員会 
■公式HP:shinkaishaku-sangokushi.com
■公式Twitter:@new_sangokushi
■公式Instagram:@new_sangokushi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.