キジマの「ヘルロックアシスト α」 が面白い! 普段から携行していると何かと役立つアイデア商品を紹介しよう。
文:太田安治/モデル:平嶋夏海/写真:南 孝幸

「ヘルメットホルダーを使いやすく」に銅イオンの殺菌効果をプラス

画像: キジマ「ヘルロックアシスト α」 税込価格:1760円 サイズ:54㎜×86㎜ 厚さ:3㎜ カラー:ブロンズ shop.tk-kijima.co.jp

キジマ「ヘルロックアシスト α」

税込価格:1760円
サイズ:54㎜×86㎜ 厚さ:3㎜
カラー:ブロンズ

shop.tk-kijima.co.jp

ヨーロッパや東南アジア地域といった海外では、盗難の心配もあってオートバイから離れるときはヘルメットを持ち歩くことが常識。対して日本では車体側ホルダーにヘルメットを留めるライダーが多い。

このためヘルメットホルダーは世界標準ではなく、日本車らしい装備のひとつなのだが、ホルダーの位置、ヘルメットの種類によってはあご紐のDリングがホルダーに届かなかったり、手を入れるスペースが狭くて施錠/解錠がやりにくく、苛立つこともある。

画像: あご紐のDリングに差し込んでヘルメットホルダーの金具に留める。Dリングと金具間の距離が増すことで使いやすくなる。

あご紐のDリングに差し込んでヘルメットホルダーの金具に留める。Dリングと金具間の距離が増すことで使いやすくなる。

そうしたヘルメットホルダーの使いにくさを解消するアイテムがキジマのヘルロックアシスト。細い方の先端をDリングに差し込み、そのままヘルメットホルダーのフックまたはシャフトに固定する、という構造。シンプルだが役立ち度は抜群。

新たに追加された『α』は素材を純度99%の銅として、銅イオンの微量金属作用によって細菌類を死滅させる効果が付加されている。細菌やウイルスを一切寄せ付けないとか、完全に死滅させるというわけではないが、ドアノブや自動ドアの開ボタン、エレベーターの階床ボタンなど、不特定多数の人が触れる部分を操作する際の安心感が高まることは事実。

画像: 直接触れることがためらわれるボタンやスイッチ、ドアノブ、手すりなどをスムーズに操作できるように工夫された形状。力の加減もしやすい。

直接触れることがためらわれるボタンやスイッチ、ドアノブ、手すりなどをスムーズに操作できるように工夫された形状。力の加減もしやすい。

コンパクトなカラビナが付属しているので、パンツのベルトループに留めておけば素早く取り出して使えるから、コロナの渦中においては特に注目すべき商品だ。

画像: 実測重量43gで、付属のカラビナでベルトループに留めておいても重さはまったく感じない。銅素材の渋い質感も魅力だ。

実測重量43gで、付属のカラビナでベルトループに留めておいても重さはまったく感じない。銅素材の渋い質感も魅力だ。

テスター太田安治の欲張りリクエスト
 
ヘルメットホルダーを使いやすくする機能に銅イオンによる殺菌効果を付加した商品コンセプトはタイムリーで、銅の質感も味わい深い。機能を妨げないのなら、遊び心のある違ったデザインがあってもよさそう。

文:太田安治/モデル:平嶋夏海/写真:南 孝幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.