2020年、ますます盛り上がりを見せる250クラスは、ロードバイクはもちろん、アドベンチャーバイクやオフロードマシン、ビッグスクーターまで、あらゆるジャンルが揃ったカテゴリーになっています。普通自動二輪免許で乗ることができ、車検も不要で維持費も安い!そんな最新250ccモデルを日替わりでチェック!

キムコ「G-DINK250i」

画像: キムコ「G-DINK250i」

[全長×全幅×全高]2115x770x1360㎜
[ホイールベース]1450㎜
[シート高]770㎜
[車両重量]182㎏
[車両価格]44万円

KYMCOの世界的なベストセラーであるグランドディンクシリーズの名を継承する「G-Dink250i」。

コンパクトかつスリムなボディで、フラットなフロアボードにより、乗降性に優れるなど、実用性に配慮した250スクーターだ。

<SPECIFICATION>

①水冷4ストOHC2バルブ並列単気筒 ②249㏄ ③72.7×60.0㎜ ④10.3 ⑤19.9PS/7500rpm ⑥2.1㎏-m/6500rpm ⑦フューエルインジェクション ⑧9L ⑨NA ⑩NA ⑪CVT ⑫ダブルディスク・ディスク ⑬120/70-13・140/70-12

【諸元項目】①エンジン形式 ②総排気量 ③ボア×ストローク ④圧縮比 ⑤最高出力 ⑥最大トルク ⑦燃料供給方式 ⑧燃料タンク容量 ⑨キャスター角 ⑩トレール量⑪変速機形式 ⑫ブレーキ形式 前・後 ⑬タイヤサイズ 前・後

<カラーバリエーション>

ホワイト、マッドレッド、ディープパープル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オートバイ250cc購入ガイド 2020【1000円以上送料無料】
価格:1485円(税込、送料無料) (2020/10/7時点)


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.