排気量を90ccアップしてパフォーマンスをさらに向上!

画像1: 排気量を90ccアップしてパフォーマンスをさらに向上!

本来なら、インターモトやEICMAが開催されるこの時期。残念ながらショー自体は新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいましたが、各社自慢のニューモデルは続々と登場予定で、さまざまなティーザー動画や予告WEBサイトが展開されています。

画像: KTM 890 ADVENTURE R

KTM 890 ADVENTURE R

画像: KTM 890ADVENTURE R RALLY

KTM 890ADVENTURE R RALLY

そんな中、KTMが新型ミドルアドベンチャーを発表!それがこの890アドベンチャーRとRラリーです。まずは気になるその中身を見ていくことにしましょう!

画像2: 排気量を90ccアップしてパフォーマンスをさらに向上!

その名が示す通り、新型の排気量は889cc。これは従来あった790アドベンチャーRのエンジンをベースに、排気量を90ccアップしたバージョン。パワーは95HPから105HPへと大きく向上。トルクも9.0kg-mから10.1kg-mへとアップし、ひと回り力強くなっています。もちろんユーロ5対応です。

車体も熟成と進化を果たし、さらなる軽量化を実現

画像1: 車体も熟成と進化を果たし、さらなる軽量化を実現

フレームは基本的に790のものをベースとしていますが、ステアリングヘッドをアルミ製に変更、リアのサブフレームにも軽量化を施し、車体の軽量化に貢献。クラッチも強化され、ミッションも素早いシフトワークを可能にするよう改良されました。また、これに組み合わされるWP製の前後サスもセッティングを変更。パフォーマンスを大きく向上させています。

画像2: 車体も熟成と進化を果たし、さらなる軽量化を実現

自慢の各種電子制御も一層進化、ABSとトラクションコントロールが進化したほか、オプション扱いのクイックシフターにもアップデートが施されたほか、クルーズコントロールなどの操作がしやすいよう、左スイッチボックスも新しいものになりました。単なる排気量アップだけはなく、細かい熟成と進化も走りに大きな効果を与えていそう。早く日本でも乗ってみたいところです。

世界限定700台の本格派「RALLY」もあわせて登場!

画像: これはサム・サンダーランド選手の走り。

これはサム・サンダーランド選手の走り。

同時に発表された「RALLY」は世界限定700台の限定モデル。ノーマルより35%軽い、アクラポビッチ製のマフラーを装備し、前後の荷重移動をしやすいストレート形状のシートを採用しています。

画像: これはトビー・プライス選手。ものすごい大ジャンプ!

これはトビー・プライス選手。ものすごい大ジャンプ!

足回りはWPが誇る最高のサスペンション、エクスプローラープロを装着。リムもアノダイズ加工が施されたスリムなものとし、カーボン製タンクカバーやラリー用フットペグなど、各所に専用装備をおごっています。

画像: 世界限定700台の本格派「RALLY」もあわせて登場!

Rではオプションとなるパッケージも標準搭載され、ライディングモードに「ラリー」モードが追加されるほか、クイックシフターも標準です。今回、スタンダードの790アドベンチャーは発表されませんでしたが、これがどう進化するのかも楽しみ。続報と詳細は月刊オートバイ12月号でもお届けしますので、ぜひお楽しみに!

890ADVENTURE R/RALLYの写真はコチラから!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.