2020年10月7日、アウディジャパンは主力モデル「A4シリーズ」のフェイスリフトを発表、全国のアウディ正規ディーラーで発売を開始した。今回の改良は、A4セダン、A4アバント、S4セダン、S4アバント、A4オールロードクワトロを含む大規模なもので、その内容もフルモデルチェンジに匹敵するものとなっている。

Sモデルをのぞく全モデルにマイルドハイブリッドを搭載

2016年に5世代目へとフルモデルチェンジしたアウディA4は、モジュラープラットフォーム「MLB エボ」をベースに、最新のデジタル技術を投入すると同時に、デザイン、品質、走行性能などを磨き上げて登場した。

今回のフェイスリフトでは、ドアパネルやボディパネルにまで改良を加えて全幅を5mm拡大するなど、エクステリアデザインを大幅に刷新。フルモデルチェンジに匹敵する変更が施されている。

A4/A4アバントでは、グレード構成を見直して、標準モデル、advanced、S lineの3種類を設定。インテリアではアウディの最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を採用、センタースクリーンをタッチパネル式として操作性の向上を図るとともに、シンプルでクリーンなコックピットデザインを実現している。また歩行者検知機能付アウディプレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーの安全性、快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムも充実したものになった。

エンジンは2種類の2L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載。35 TFSIでは150ps、45 TFSIは249psの最高出力を発揮する。そのどちらにも、ベルト駆動式オルタネータースターターと12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を採用。トランスミッションは効率を高めた7速Sトロニックを組み合わせて、エネルギー回生機能を高め、コースティング(惰力走行)時にエンジンを完全停止するなど、燃料消費量を抑制し快適なドライビングを可能としている。

画像: セダンと同時にフェイスリフトされたA4アバント。35TFSI。

セダンと同時にフェイスリフトされたA4アバント。35TFSI。

高性能バージョンであるS4/S4アバントは、ボンネットの先端に往年のアウディクワトロを彷彿とさせるスリットを備え、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用デザインとすることで精悍さと上質さをアピール。ブラックを基調としたインテリアは、カーボンアトラスデコラティブパネルや専用スポーツシートなどによりスポーティさを演出する。

S4/S4アバントのパワートレーンは、最高出力354ps/最大トルク500Nmを発揮する3L V6ターボエンジンに8速ティプトロニックを組み合わせ、駆動方式はSモデル専用仕様のクワトロ4輪駆動としている。また、足まわりには専用のSスポーツシャシやダンピングコントロールSスポーツサスペンションが採用されている。

画像: 高性能バージョンのS4。3L V6ターボエンジンを搭載、19インチアルミホイールを標準装備する。

高性能バージョンのS4。3L V6ターボエンジンを搭載、19インチアルミホイールを標準装備する。

A4オールロードクワトロは、エクステリアにホイールアーチトリムやアンダーボディプロテクションなど、ひとめでそれとわかる専用パーツを装備。アバントよりも最低地上高を50mm高め、アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステムにオフロードモードを追加して、優れた乗り心地とオフロード性能を実現している。またLEDヘッドライトやバーチャルコックピット、シートヒーター等を標準化するなど装備をアップグレードして、オールロードクワトロが特別なモデルであることを主張している。

A4オールロードクワトロのパワートレーンは、MHEVを搭載し最高出力249psを発揮する2.0TFSIガソリンエンジンを搭載。これに7速Sトロニックを組み合わせ、AWDクラッチ付きクワトロシステムを採用する。

画像: ホイールアーチトリムやアンダーボディプロテクションなどを装備。A4オールロードクワトロはアバントよりもフロント/リアともに15mmトレッドを拡大されている。

ホイールアーチトリムやアンダーボディプロテクションなどを装備。A4オールロードクワトロはアバントよりもフロント/リアともに15mmトレッドを拡大されている。

なお、車両価格(税込み)は、A4セダンが455万円(35TFSI)から627万円(45TFSIクワトロ S line)、A4アバントが484万円(35TFSI)から656万円(45TFSIクワトロ S line)、S4が895万円(S4セダン)から924万円(S4アバント)、A4オールロードクワトロが634万円となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.