首都高速株式会社は、横浜北線 馬場入口(内路交差点側)が2020年10月21日(水)12時に開通すると発表した。(タイトル画像は、工事中の新しい馬場入口)

さらに便利になった横浜北線

画像: 首都高 横浜北線 馬場出入口の位置図。

首都高 横浜北線 馬場出入口の位置図。

首都高速神奈川7号線、通称「横浜北線」は、1号横羽線の生麦JCT(ジャンクション)から第三京浜の横浜港北JCTを結ぶ、約8.2kmの路線だ。横浜港北JCTから先は「横浜北西線」となり、東名高速の横浜青葉JCTに接続している。

横浜北線の岸谷生麦出入口と新横浜出入口の間にある馬場出入口は、2020年2月27日に開通したが、内路交差点側の入口は未完成だった。今回、工事が完成して内路交差点側の入口も開通することにより、馬場入口南側エリアからのアクセス性が向上するとともに、すべての出入口が利用可能となり、馬場出入口はさらに便利になる。

画像: 今回の工事完成で、馬場出入口はすべての出入口が利用可能となった。

今回の工事完成で、馬場出入口はすべての出入口が利用可能となった。

馬場出入口から首都高速 横浜北線を利用すると、東名高速の横浜青葉JCTまでは横浜北西線経由で約13分、湾岸線へは約7分でアクセスが可能になった。

なお、馬場出入口はETC専用の出入口として運用されている。現金で首都高速を利用するドライバーは、今まで同様に隣接する入口(新横浜入口、岸谷生麦入口、子安入口)などを利用されたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.