2020年10月5日、メルセデス・ベンツ日本はEクラスクーペとEクラスカブリオレを大幅改良して発売した。車両価格は832万円〜1364万円となる。

カメラで捉えた景色に経路を示す、ARカーナビも採用

メルセデス・ベンツブランドのミドルレンジを担うEクラスのセダンとステーションワゴンが、エクステリアデザインの変更をともなう大幅改良を2020年9月10日に受けたが、これに続いて今回クーペとカブリオレも同じく大幅改良された。外観はよりスポーティになり、また新世代ステアリングホイールや「MBUX」、アップデートされた安全運転支援システムを採用した。

新型ではフロントマスクは一新され、ヘッドライトは上下に薄いスポーティな形状へ変更。またグリルやバンパー中央の開口部は低重心さを想起させる台形基調のデザインとして、いずれもダイナミックさを強調する。一方のリアエンドに大きな変更点はないが、テールランプの光源デザインをよりシャープなものとしている。

画像: 新世代ステアリングホイールを採用するE200クーペ スポーツのコクピット。写真では左ハンドルだが、このグレードの日本仕様は右ハンドルのみの設定。

新世代ステアリングホイールを採用するE200クーペ スポーツのコクピット。写真では左ハンドルだが、このグレードの日本仕様は右ハンドルのみの設定。

インテリアにおいては、従来から12.3インチのデュアルディスプレイが採用されてきたが、これと連動して音声による操作をできるMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)を新たに搭載。「Hi,メルセデス」と呼びかけることでカーナビの目的地設定や空調の設定変更などをハンズフリーで行うことのできるシステムだ。さらに従来のMBUXに加えて、ドライバーによるジェスチャーを読み取ることで、インフォテインメントシステムのお気に入りメニューを呼び出す操作方法も追加されている。

ハンドルから手を離さずにシステムを操作できる機能として、この大幅改良で採用されたのが新世代のステアリングホイールだ。3本×ツインスポークにはカーナビやメータークラスターへのアクセスなど様々な機能を埋め込まれ、さらにハンドルリム部分に静電容量式センサーを備えることで、安全運転システムのひとつであるACC(アダプティブクルーズコントロール)使用時の利便性も向上させている。

また、AR(拡張現実)ナビゲーションを採用した点もトピックのひとつ。従来「地図画像」に重ねて表示されてきた目的地への経路(進行方向を示す矢印)は、前方カメラで捉えた実際の景色に重ねられるように表示されるようになった。これにより、より直感的に道筋を判断できるという。

グレード展開はクーペ/カブリオレともに共通で、E200からメルセデスAMG E53 4マティック+まで大きな変更はない。しかし、E450 4マティックに搭載されているパワートレーンは従来の3L V6ツインターボ(M276M30型・367ps / 500Nm)から、48Vマイルドハイブリッドシステムの「ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)」を採用した3L 直6ターボ(M256型・367ps / 500Nm)に変更されている。

画像: Eクラスクーペ/カブリオレのE450 4マティック+に採用される3L直6ターボエンジンは48Vマイルドハイブリッドシステム「ISG」を採用する。

Eクラスクーペ/カブリオレのE450 4マティック+に採用される3L直6ターボエンジンは48Vマイルドハイブリッドシステム「ISG」を採用する。

今回の改良によってEクラスのラインアップすべてが刷新されたことになるが、実はドイツ本国で発表されているものの日本に未導入のパワートレーンもある。2L 直4ガソリンエンジン(M254)とISG(20ps/180Nm・欧州仕様)を組み合わせた48Vマイルドハイブリッドだが、これがこれから追加されるのか気になるところだ。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ ラインアップ

E200クーペ スポーツ(1.5L直4ターボ/右):832万円
E300クーペ スポーツ(2L直4ターボ/右):919万円
E450 4マティック クーペ スポーツ(3L直6ターボ+ISG/右・左):1167万円
メルセデスAMG E53 4マティック+ クーペ(3L直6ターボ+ISG/右・左):1305万円

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ ラインアップ

E200カブリオレ スポーツ(1.5L直4ターボ/右):871万円
E300カブリオレ スポーツ(2L直4ターボ/右):956万円
E450 4マティック カブリオレ スポーツ(3L直6ターボ+ISG/左):1226万円
メルセデスAMG E53 4マティック+ カブリオレ(3L直6ターボ+ISG/右):1364万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.