講師は内田ユキオ氏と中藤毅彦氏。

第一部(12:45~15:00)となる撮影会(20名の事前予約制)はそれぞれ講師ごと2チームに分かれ、東京を代表する下町・蔵前をスナップ。
夜間のオンラインイベント(19:15~22:00 参加人数に制限ナシ)では、撮影会参加者の作品の講評、講師の作品紹介、さらには撮影会に参加できなかった方からも作品を募り、講評を受けられる予定とのこと。
参加費は無料。
●撮影会への参加の申し込みは=10月11日まで。応募者多数の場合は抽選で、10月13日に確認メールが届く予定。
●オンラインイベント(参加人数制限無し)への参加申し込み=2020年10月1日(木)~ 10月24日(土) 18:00まで
●オンライン講評への作品エントリー(10作品を選出し講評)=2020年10月1日(木)~ 10月18日(日)まで ※講評対象作品として選ばれた方には10月20日(火)にメールで連絡が届く予定。
内田ユキオ氏と中藤毅彦氏といえば、なんといっても渋っぶいモノクロ作品。これを機会に「濃ゆいモノクロ作品」を完成させよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.