テレンス・マリック監督がルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンら豪華俳優陣を迎えた『SONG TO SONG』が、邦題『ソング・トゥ・ソング』として12月25日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開が決定した。

巨匠テレンス・マリックの元に豪華キャストが集結!

『地獄の逃避行』『天国の日々』といった名作を生み出してきた巨匠テレンス・マリックとアカデミー賞を3度受賞した名カメラマン、エマニュエル・ルベツキが挑んだのは、夢と愛を秤にかけ、幸せを模索する4人の男女の物語。恋愛、成功、夢、友情…一番欲しかったものは何か?そして自
分はいったい何者なのか?リアル過ぎる彼らの人生の行き着く先にあるものとは!?美しい映像と音楽で彩られた、珠玉の感動作が誕生した。アメリカで指折りの音楽の街、オースティンで交差する 4 人の男女の人生。その愛と裏切りに満ちた物語を演じるのは、ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマン。主役クラスの豪華な面々が奇跡の共演を果たした。さらにリッキー・リー、イギー・ポップ、パティ・スミス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど様々なミュージシャンが出演して映画に彩りを与えている。

この度解禁されたポスタービジュアルでは、映画の内容にちなみ、レコードのジャケットを思わせ、ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンの顔をそれぞれ色分けし大胆にあしらったビジュアルとなっている。「夢が終わる。人生が始まる―」というキャッチコピーから、4人それぞれの人生が交錯し、変化していくさまが想像できる。

【STORY】

音楽の街、オースティン。何者かになりたいフリーターのフェイ(ルーニー・マーラ)は、成功した大物プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)と密かに付き合っていた。そんなフェイに売れないソングライターBV(ライアン・ゴズリング)が想いを寄せる。一方、恋愛をゲームのように楽しむクックは夢を諦めたウェイトレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)を誘惑。愛と裏切りが交差するなか、思いもよらない運命が4人を待ち受けていた…。

『ソング・トゥ・ソング』
12月25日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
監督・脚本:テレンス・マリック|出演:ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェットほか
2017 年|アメリカ|128 分|PG12
原題:SONG TO SONG|配給:AMG エンタテインメント|提供:キングレコード、AMG エンタテイメント|© 2017 Buckeye Pictures,

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.