2020年10月2日、トヨタは人気のクロスオーバーSUV、RAV4のAdventure(アドベンチャー)グレードに特別仕様車「OFFROAD package(オフロード パッケージ)」を設定して発売すると発表した。

アグレッシブなスタイルと走破性を高める装備

画像: RAV4 アドベンチャー「オフロード パッケージ」(ボディカラーは、グレーメタリック)

RAV4 アドベンチャー「オフロード パッケージ」(ボディカラーは、グレーメタリック)

RAV4は、トヨタのクロスオーバーSUVだ。初代は1994年にデビューしたコンパクトなクロスオーバーSUVだったが、代を経るごとに大きくなり、2005年に登場した3代目が2016年に日本での販売を終了。4代目は日本では販売されず、2018年に米国で発表された現行型の5代目が翌2019年から日本でも発売されている。

世界的なSUVブームの効果もあって現行型RAV4は日本でも人気を集め、2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。2020年にはPHVモデルも発売された。

今回の特別仕様車は、アドベンチャー グレードをベースに、以下のような特別装備が施されている。

■アグレッシブなスタイルと走破性を実現する外観装備&メカニズム

●ブリッジ型ルーフレール(専用のクロスバーをディーラーオプションに設定)
●専用サスペンションや18インチ オールテレインタイヤを装着し、最低地上高をベース車比で10mmアップ
●マットブラック塗装の18インチ専用アルミホイール
●ボディカラーは、スーパーホワイトII(特別色)を含む全3色
など

画像: ブリッジ型ルーフレール

ブリッジ型ルーフレール

■随所に施したレッドが目を引く専用内装

●専用合成皮革シート表皮、インストルメントパネル、ドアトリムショルダーにレッドステッチを施す
●レッド+ブラックのフロントカップホルダー、センターオープントレイ
など

画像: RAV4 アドベンチャー「オフロード パッケージ」の専用インテリア。

RAV4 アドベンチャー「オフロード パッケージ」の専用インテリア。

パワートレーンは2.0L 直4のダイナミックフォースエンジン+CVTの組み合わせで、駆動方式は4WDのみ。車両価格(税込)は346万円となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.