俳優のジョシュ・ガッドの呼びかけで始まった配信のリモート同窓会シリーズ番組でなんと「グーニーズ」のキャストやスタッフが再集合!彼らの近況や当時の思い出を語る様子をレポートします。(文・大森さわこ/デジタル編集・スクリーン編集部)

「グーニーズ」in1985

アメリカでの大ヒットを受け、日本ではお正月映画として公開。その前の11月にはデータ役のキー・ホイクァン、チャンク役のジェフ・コーエン、アンディ役のケリー・グリーンのトリオが監督リチャード・ドナーと共にキャンペーン来日。

公開劇場新宿ミラノ座の前で前売り券販売に協力したり、デニーズの前で宣伝を行なったり、いつも3人一緒で元気一杯。「グーニーズ」のトレーナーを着ていたのに、取材時にお土産のSCREENのトレーナーを渡すとそれも着ようとしてくれたり、サービス精神も満点。それ以上に張り切っていたのはドナー監督で、子役たちとの関係を“のろけ”まくっていた。

「グーニーズ」(1985)

自分たちをグーニーズ(間抜けな奴ら)と名付けた男子4人組が見つけたのは、海賊の財宝の在り処を記した古地図。宝物発見の冒険に出発した彼らに思わぬ危険が次々と待ち受けていた……

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に回り、「スーパーマン」のリチャード・ドナーが監督した童心溢れるアドベンチャーとして、10 代の観客を中心に大ヒット。日本では1986年お正月映画として公開され、主演のキー・ホイクァン、ケリー・グリーン、ジェフ・コーエン、ドナー監督がキャンペーン来日した。

あのころ子供だった〝グーニーズ〞たちは今どうしてる?

今年の4月から世界中にYouTubeで配信されて話題を呼んでいる番組がある。アメリカのコメディアン、ジョシュ・ガッド(「美女と野獣」)が進行役を務める「Reunited Apartwith Josh Gad」というシリーズで、かつてのハリウッドの大ヒット作(80年代の映画が中心)の出演者や製作者がリモートで集い、思い出や近況を語り合う。チャリティ番組として企画され、視聴者からの寄付金はコロナ後、ハードワークを強いられる医療関係の団体に贈られる。

その1回目は1985年に公開されて人気を呼んだ「グーニーズ」。製作から今年で35周年という節目の年を迎えた。幻の海賊船に眠る宝さがしをめぐって〝グーニーズ〞(まぬけ軍団)と呼ばれる7人の少年少女たちが大活躍を見せるアドベンチャー映画で、公開時には3人の子役たち(ジェフ・コーエン、キー・ホイクアン、ケリー・グリーン)とリチャード・ドナー監督が来日して元気いっぱいに本誌への取材にも応じてくれた。当時の子役たちは今はどうなっているのだろう?

画像: あのころ子供だった〝グーニーズ〞たちは今どうしてる?

まず登場したのは宝探しを夢見るマイキー役のショーン・アスティン。「他の出演者たちにも出演してほしいので手伝ってくれる?」とガッドが言うと、その後は元グーニーズのメンバーたちが次々に画面に現れる。

今ではハリウッド映画界の曲者演技派となったマイキーの兄、ブランド役のジョシュ・ブローリンが「再会がうれしい! 緊張で震えてしまった」と言うと、ブランドの恋人役だったアンディ役のケリー・グリーンと彼女の友人、ステフ役のマーサ・プリンプトンも笑顔で再会を喜ぶ。続いてちょっと生意気なマウス役のコリー・フェルドマンや博識なデータ役のキー・ホイクァンも顔を見せる。

キーは「この映画と『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』への出演は最高の体験だった」と穏やかな笑顔を振りまく。7人のメンバーの中で激変していたのが、太めのチャンクを演じたジェフ・コーエン。今ではスラリとしたイケメンで、エンタテインメント関係の弁護士として活動。派手な帽子をかぶり、まるで貴族のようなかっこうをした彼を見て、ブローリンが驚きの声をあげる―「1番、俳優っぽく見える人が、もう俳優じゃないないんだね」。

サプライズで製作総指揮のスピルバーグも出席!

その後、画面に登場したのは、グーニーズを追いつめる悪党のフラッテリ一家の長男役のロバート・デヴィと次男フランシス役のジョー・パントリアーノ。さらに脚本家のクリス・コロンバスや監督のリチャード・ドナーも出てくる。

ドナーは90歳の誕生日を迎えたそうだが、まだまだ元気で「え?もう90なの?」とトボけた顔を見せる。彼らの前で出演者たちがかつての名場面を再現して拍手喝采を浴びる。

そして、いよいよ、製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグが登場。「ずっと続編の話が出ていたけれど、うまく企画がまとまらなかった。最高に忘れられない思い出は、撮影後、ハワイにあるドナーの家にみんなで遊びに行ったことだね」とスピルバーグ。そして、最後に画面に現れたのはテーマ曲を担当していたシンガーのシンディ・ローパー。今も髪を明るい色に染めた彼女はほとんど変わっていないように見える。「グーニーズは誰もが応援したくなる〝負け犬〞のキャラだったのよ」とローパーは映画の印象を振り返る。そして、最後はみんながローパーのテーマ曲を歌い始め、「♪ヤイヤイヤイ……」とそのフレーズを口ずさみながら、同窓会はお開きとなった。

初回限定生産
「グーニーズ日本語吹替音声追加収録版〈4K ULTRA HD & HD デジタル・リマスター ブルーレイセット〉」
2020年10月9日(金)発売

製作35周年を記念して初4K ULTRA HD化!さらにブルーレイは4Kマスターを使用したHDデジタル・リマスター版!ノーカットTV放送版日本語吹替音声を初収録!

発売:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 
販売:NBCユニバーサル・エンターテイメント
価格:6,345円+税
特典:メイキング・オブ・グーニーズ 、ミュージック・クリップ "The Goonies 'R' Good Enough" By Cyndi Lauper 、未公開シーン集 、オリジナル劇場予告編

Photos by Getty Images

「グーニーズ」をはじめアンブリンの映画を一冊に凝縮!スクリーンアーカイブズ スピルバーグとアンブリンの時代 復刻号 好評発売中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.