リコーイメージングスクエア東京ギャラリー(新宿)では、以下の2つの写真展を開催予定だ。

櫻井尚子写真展「鳥-Dromaius / to Platinum」

作品はモノクロ赤外写真、プラチナプリント作品約20点で構成。本企画展はギャラリーアドバイザー内藤明氏の推薦による第3弾となる。

内藤明氏の推薦理由(要旨)
「櫻井さんは1990 年代から活動されている女性の写真家ですが、今回ご紹介するのはプラチナプリントによる作品です。櫻井さんとプラチナプリントとの出会いは、櫻井さんご自身に語って頂きますが、プラチナプリントと遭遇され、今回のテーマが完成形に近づくことを実感されたのだと思います。作品の主題は時空を超えそれ自体で大変印象的ですが、それが高品位のプラチナプリントによってさらに拡張された表現になっていると思われます。どうぞ、会場で存分にご覧いただければと思います」。

画像: 展示作品より©櫻井尚子

展示作品より©櫻井尚子

■櫻井尚子写真展:「鳥-Dromaius / to Platinum」  
■会期:2020年11月26日(木)~12月14日(月) 
■会場:リコーイメージングスクエア東京 ギャラリーA
詳細については以下を参照

白井 厚写真展「景・信州」

作品内容は四季の自然豊かな信州の美しい風景をカラー作品約40点で構成。

画像: 展示作品より©白井厚

展示作品より©白井厚

」白井厚氏のコメント(要旨)
「私は、ライフワークとして、国内を中心とした自然風景の撮影を行っております。このたびまとめました作品は、信州に的をしぼったものになります。信州は、日本のほぼ中央に位置しており南北に長く標高差もある地形であります。春夏秋冬もはっきりしており日本の風土を凝縮した風景を見ることができます。心惹かれる撮影地でもあり四季を通じて訪ねてきました」。

「撮影を通して感じたことは、日本の原風景がまだまだたくさん残っているということです。動物や植物たちが自然の恵みを受けながら生き生きとした姿を見せてくれています。もちろん人も恩恵を受けています。その共通の源は、特有の風土や気候にあると思います。透き通るような空気感から生まれる景色や植物の色彩などは、信州だけが持ち合わせている土地柄から来ているのではないでしょうか」。
■白井厚写真展:「景・信州」
■会期:2020 年11 月26 日(木)~12 月14 日(月)
■会場:リコーイメージングスクエア東京 ギャラリーR

リコーイメージングスクエア東京

■場所:〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1 階)
■開館:10:30~18:30(最終日16:00 終了)
■定休日:火曜日・水曜日
■入場無料
※営業時間については以下URLを確認のこと。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.