2020年9月28日、ビー・エム・ダブリュー(以下、BMWジャパン)は、5シリーズのセダンおよびツーリングをビッグマイナーチェンジして販売を開始すると発表した。(ここで紹介している画像は、すべて本国仕様のものです)

iPhoneでロック解除/施錠やエンジン始動も可能に

5シリーズ セダンおよびツーリングは、Eセグメントに属する、BMWのアッパーミドル セダン&ワゴンだ。初代は1972年に発表され、現行型は2016年に発表された7代目にあたる。今回のビッグマイナーチェンジは、本国では2020年5月末に発表されたものと基本的には同じものだが、48Vのマイルドハイブリッド仕様は日本未導入だ。

画像: 5シリーズ セダンのクーペのような美しいプロポーションに変わりはない。

5シリーズ セダンのクーペのような美しいプロポーションに変わりはない。

外観では、フロントのキドニーグリルがよりワイドに一体化され、しかも立体的な造形となって、格式とエレガントさを際立たせている。ヘッドランプにはL字型のLEDランプを採用。BMW伝統の4灯ヘッドランプを表現しながら、モダンかつスポーティなイメージを強調している。

サイドビューもBMW伝統のロングノーズ/ショートオーバーハングに美しいルーフラインとロングホイールベースが、クーペのようなプロポーションを生み出している。伝統のL字型リアコンビランプは立体的な造形とし、バンパーもより立体的となり、エクゾーストパイプ出口はワイドな台形として、リアビューも高級感あふれる洗練されたものとしている。

画像: インテリアの変更点は少ない。ハンドル位置は、セダン530iのみ左右とも選べるが、他は右のみとなる。

インテリアの変更点は少ない。ハンドル位置は、セダン530iのみ左右とも選べるが、他は右のみとなる。

インテリアはエクステリアほど変更されていないが、スイッチパネルをすべてハイグロスブラックとして品質感を高め、523i以外のグレードにはレザーシートを標準装備している。

日本仕様に設定されたパワーユニットは、ガソリンが2Lの直4ターボ、同じ2Lの直4ターボ高出力型、3Lの直6ターボの3種。ディーゼルは2Lの直4ディーゼルターボ。そして2Lの直4ガソリンターボエンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドも用意された。トランスミッションは、いずれも8速AT。駆動方式はFRが基本だが、ディーゼルターボとガソリン直6搭載車には4WDも設定されている。

画像: シート地にはエクスクルーシブ・ナッパレザーも採用されている。

シート地にはエクスクルーシブ・ナッパレザーも採用されている。

安全運転支援システムでは、「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を全グレードに搭載。これは、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムで、日本仕様のBMWは3シリーズ以上のすべてのモデルに標準装備された。このシステムは、高性能3眼カメラ&レーダーおよび高性能プロセッサーによって毎秒2兆5千億回という高い解析能力で、より精度と正確性が向上している。

コネクティビティでは、AI技術を活用して音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスができる「BMWインテリジェント・パーソナルアシスタント」を標準装備。「OK、BMW」と話しかけることで、車両の操作や目的地の設定等が可能となるが、システムに名前を自由に付けることができ、「5シリーズ」とか、呼びかける言葉を任意に設定することができる。

また、アップルと共同開発したBMWデジタルキーも標準装備。これは、車両のキーを持っていなくてもiPhoneをドアハンドルにかざせば車両のロック解除/施錠や、エンジンの始動も可能になるもの。iPhoneをセンターコンソールに置けば、キーとして認識される。

画像: リアシートを全倒すれば1700Lというツーリングの広大なラゲッジスペース。

リアシートを全倒すれば1700Lというツーリングの広大なラゲッジスペース。

今回のビッグマイナーチェンジではワゴンのツーリングもセダン同様に変更されている。ラゲッジコンパートメント・パッケージの初採用で、ラゲッジスペースの容量は通常の570Lから、リアシートを完全に倒さなくても最大10L拡大することができる(リアシートを全倒すれば1700L)。従来型同様、リアウインドー部のみの開閉も可能だ。リアサスペンションにはエアサスを採用して、荷物の有無で車高を自動調整し、最高の乗り心地と走行安定性を確保している。

車両価格(税込み)は、セダンが523iの678万円〜540i xドライブ Mスポーツの1104万円。ツーリングが、523d xドライブ ツーリング エディションジョイ+の749万円〜540i xドライブ ツーリング Mスポーツの1142万円となっている。

■BMW 523i 主要諸元

●全長×全幅×全高:4975×1870×1480mm
●ホイールベース:2975mm
●車両重量:1630kg
●エンジン形式:直4・DOHCターボ
●排気量:1998cc
●最高出力:135kW(185ps)/5000rpm
●最大トルク:290Nm(29.6kgm)/1350ー4250rpm
●トランスミッション:8速AT
●WLTCモード燃費:13.2km/L
●車両価格(税込):678万円

■BMW 530e ラグジュリー 主要諸元

●全長×全幅×全高:4975×1870×1480mm
●ホイールベース:2975mm
●車両重量:1910kg
●パワーユニット形式:直4・DOHC+モーター
●排気量:1998cc
●システムトータル最高出力:215kW(294ps)
●システムトータル最大トルク:420Nm(42.8kgm)
●トランスミッション:8速AT
●充電電力使用時走行距離:54km
●WLTCハイブリッド燃費:12.8km/L
●車両価格(税込):870万円

■BMW 523d xドライブ ツーリング 主要諸元

●全長×全幅×全高:4975×1870×1500mm
●ホイールベース:2975mm
●車両重量:1840kg
●エンジン形式:直4・DOHCディーゼルターボ
●排気量:1995cc
●最高出力:140kW(190ps)/4000rpm
●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1750ー2500rpm
●トランスミッション:8速AT
●WLTCモード燃費:15.0km/L
●車両価格(税込):774万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.