名車の歴史がよく分かる一冊! 巻頭特集は「Ninja ZX-25R」VS 新型「CBR250RR」、RIDEでは鈴鹿8耐大特集を掲載!

2020年10月1日に月刊『オートバイ』最新号が全国の書店およびオンライン書店で発売します!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オートバイ 2020年 11月号 [雑誌]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/9/29時点)


まずは『オートバイ』から紹介します!

今月は特ダネがありますよ! 表紙からもお察しのとおり、スズキのハヤブサに関する大胆予想です。次期ハヤブサはどのようなマシンとなるのか、本誌の推測とともにCG画像をぜひ誌面でご覧ください。

そして巻頭特集は「新型250ccスーパースポーツ頂上対決!!」

画像1: 名車の歴史がよく分かる一冊! 巻頭特集は「Ninja ZX-25R」VS 新型「CBR250RR」、RIDEでは鈴鹿8耐大特集を掲載!

これまで2気筒250ccスーパースポーツをけん引してきたホンダ「CBR250RR」。そこへ、カワサキは四半世紀ぶりに250cc4気筒を復活!

「Ninja ZX-25R」が登場して、もちろんホンダも黙っちゃいないとばかりに、CBR250RRを大幅アップデート。新型はエンジンにも手を入れ、馬力も向上、価格は据え置きで迎え撃ちます。

この特集では、そんないまもっとも熱いライバルを徹底比較。街中・峠道・サーキットまであらゆるシーンのインプレと、各部装備の詳細解説をお楽しみください。

続く特集は、今月号の注目企画「日本が誇る名車ブランド20選」です。

画像2: 名車の歴史がよく分かる一冊! 巻頭特集は「Ninja ZX-25R」VS 新型「CBR250RR」、RIDEでは鈴鹿8耐大特集を掲載!

現行モデルまで続く名車のDNAはどのような変遷を遂げてきたのか。人気機種を中心にロングセラー・ブランドの歴史をていねいに紐解きます。

企画内には歴代の名車も登場。ベテランの方はもちろん、バイクのことがまだ全然分からないというビギナーさんにもぜひご覧いただきたい内容となっています!

そのほか、注目の新型車インプレッションもめじろおし。好評連載企画ももりだくさんです。

画像3: 名車の歴史がよく分かる一冊! 巻頭特集は「Ninja ZX-25R」VS 新型「CBR250RR」、RIDEでは鈴鹿8耐大特集を掲載!

さらに、ビッグな特別企画を実現することができました!

画像4: 名車の歴史がよく分かる一冊! 巻頭特集は「Ninja ZX-25R」VS 新型「CBR250RR」、RIDEでは鈴鹿8耐大特集を掲載!

レジェンドライダー伊藤真一氏と岡田忠之氏によるホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」対談!! 試乗を行なったのち、おふたりの感想をお聞きしました。試乗コースは、鈴鹿サーキットです!

【お詫びと訂正】
11月号『2020/2021 秋冬ジャケットコレクション』企画において、モデルとして登場してくださったアイドルグループ『仮面女子』のメンバー、涼邑芹さんの身長・体重を【169cm・63kg】と表記してしまいました。ですが、正しくは【169cm・53kg】です!!! 10kgもの増加表記とは…、スレンダーな涼邑さんに大変失礼なミス表記をしてしまい、本当に本当に申し訳ございませんでした!! 深くお詫びすると共に、こちらで訂正させていただきます。(ページ担当:齋藤ハルコ)

「RIDE」は鈴鹿8耐の歴史が分かる大特集!

今月も東本昌平先生が素敵な表紙と巻頭漫画作品を手掛けてくれました。ぜひ誌面でお楽しみください。

続いて表紙を飾り巻頭漫画に登場したバイクを徹底解説。そして1978年から2019年までの鈴鹿8耐でどのような熱い闘いが繰り広げられたのか、全戦レポートを掲載!

画像: 「RIDE」は鈴鹿8耐の歴史が分かる大特集!

内容はものすごく濃いものに仕上がっております。ぜひお近くの書店でチェックしてみてください! 価格は特別定価1,100円です。

オンライン書店でもお買い求めいただけます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オートバイ 2020年 11月号 [雑誌]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/9/29時点)


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.