自社設計&削り出しパーツを軸に装着する

カスタムはなにも大物パーツだけではない…。このポッシュフェイスが製作したカワサキZ900RSベースのカスタムバイクは、そう訴えてくるようだ。たとえ小さなひとつのパーツでも、好みで色や形を変えてみる。そうすることでバイクが自分仕様になっていくと思わせてくれるのだ。

画像1: 自社設計&削り出しパーツを軸に装着する

ポッシュフェイスは1990年代のカスタムブーム時も今も、多彩な車両のパーツを展開している。そのパーツは自社開発、CAD/CAM設計。試作や削り出しが主となる製造も、基本的には自社で行う。最新鋭マシニングセンタ6基、NC旋盤が2基。複合工作機も2基あるというから、生産や開発の早さ、ラインナップの豊かさも納得だ。

このデモ車に装着されるのは、そうした体制から送り出されるパーツ群だ。目立つのはタンデムグリップとフェンダーレスキット。グリップは一般的なハンドルバーに同じφ22.2mm径を採用しているから、ハンドルバーにクランプできるホルダー類が留められるというアイデアもの。フェンダーレスキットは純正状態にも、同社Z2テール装着でも対応可能というお得感あるパーツ。コンパクトハイスロキットやマシンドフィラーキャップというアイテムもある。

画像2: 自社設計&削り出しパーツを軸に装着する

ヘッドライト部にはポッシュフェイスが輸入元のフランスErmax製ノーズフェアリングが装着されるが、これもZ900RS CAFEとも異なり、かつ他と一線を画する形状で個性化でき、風防効果も得られる一品。愛車の雰囲気を変えたいからちょっと何かパーツを…という時にも、このポッシュフェイス車は参考になるだろう。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: ポッシュフェイス扱いのフランスErmax社製メーターバイザー「ノーズフェアリングZ900RS」。一体成型9mm厚のスクリーンで高速走行時の疲労を軽減してくれる。

ポッシュフェイス扱いのフランスErmax社製メーターバイザー「ノーズフェアリングZ900RS」。一体成型9mm厚のスクリーンで高速走行時の疲労を軽減してくれる。

画像: ハンドルと共締めしてガジェットをマウントできる「スマートフォンフォルダーマウントZ900RS」も便利な装備。各種カラーから好みで選べる。

ハンドルと共締めしてガジェットをマウントできる「スマートフォンフォルダーマウントZ900RS」も便利な装備。各種カラーから好みで選べる。

画像: 「Z900RS専用ドライブレコーダーステーセット」は新作で、ミツバ製EDR-21Gのフロント用カメラをこのようにヘッドライト下にマウントできる(本体やリヤ用ステーもセット)。リヤ用のドライブレコーダー用ナンバーステーやフロントブレーキ/クラッチ部にGPSアンテナやEDR-21G用スイッチボックスやGPSアンテナをマウントできる「ドライブレコーダー用スイッチステー」も、それぞれ単品でラインナップしている。

「Z900RS専用ドライブレコーダーステーセット」は新作で、ミツバ製EDR-21Gのフロント用カメラをこのようにヘッドライト下にマウントできる(本体やリヤ用ステーもセット)。リヤ用のドライブレコーダー用ナンバーステーやフロントブレーキ/クラッチ部にGPSアンテナやEDR-21G用スイッチボックスやGPSアンテナをマウントできる「ドライブレコーダー用スイッチステー」も、それぞれ単品でラインナップしている。

画像: ミツバ製バイク専用ドライブレコーターEDR-21Gがマウントできる「Z900RS専用ドライブレコーダーステーセット」。セットには本体(写真)/フロントカメラ/リヤカメラ/スイッチ/GPSアンテナ用の専用ステー(スチール製ブラックカチオン塗装仕上げ)が含まれる。

ミツバ製バイク専用ドライブレコーターEDR-21Gがマウントできる「Z900RS専用ドライブレコーダーステーセット」。セットには本体(写真)/フロントカメラ/リヤカメラ/スイッチ/GPSアンテナ用の専用ステー(スチール製ブラックカチオン塗装仕上げ)が含まれる。

画像: ツーリングネット等を使いやすくする「NASAタイプロングネットアンカー 」などの使える小物系パーツも要注目だ。

ツーリングネット等を使いやすくする「NASAタイプロングネットアンカー 」などの使える小物系パーツも要注目だ。

画像: 「Z2スタイル タンデムグリップ」はスチール製でφ22.2mm径のため同径ハンドル対応のクランプ(カメラマウント等)が使える。「Z900RS Z2タイプテールカウル」はFRP製で純正より5cmロングタイプ。フェンダーレスキットは純正形状、同社Z2テール対応等を用意する。ウインカーも純正の細長いものからポッシュフェイス・Z900RSクラシカルウインカーキットに換えられている。

「Z2スタイル タンデムグリップ」はスチール製でφ22.2mm径のため同径ハンドル対応のクランプ(カメラマウント等)が使える。「Z900RS Z2タイプテールカウル」はFRP製で純正より5cmロングタイプ。フェンダーレスキットは純正形状、同社Z2テール対応等を用意する。ウインカーも純正の細長いものからポッシュフェイス・Z900RSクラシカルウインカーキットに換えられている。

画像: フロント下側には3ピース式のErmax製アンダーカウル Z900RSを装着。コンパクトで個性化を図りたい向きにも適したアイテムだろう。

フロント下側には3ピース式のErmax製アンダーカウル Z900RSを装着。コンパクトで個性化を図りたい向きにも適したアイテムだろう。

画像: 「カーボンリヤフェンダー Z900RS」はノーマルフェンダーより130mmロングの設定で、泥跳ねや水跳ねからの対汚れ効果を高めている。

「カーボンリヤフェンダー Z900RS」はノーマルフェンダーより130mmロングの設定で、泥跳ねや水跳ねからの対汚れ効果を高めている。

取材協力:ポッシュフェイス

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.