タムロンは35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニーEマウント用望遠ズームレンズ、「70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD (Model A047)」(以下Model A047)を2020年10月29日(木)に発売する。メーカー希望小売価格は税別7万円。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性もある。

Model A047の特長

Model A047の設計コンセプトは「本格望遠フルサイズ300mmの世界をもっと気軽に」というもの。ソニーEマウント対応でミラーレス専用設計、望遠側のF値をF6.3 として、フルサイズ対応ミラーレス用望遠ズームレンズとして世界最小・最軽量の長さ148mm、最大径φ77mm、質量545gを実現している。

AF駆動には静粛性に優れたRXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)を採用。ソニー製カメラの「ボディ内手ブレ補正」や「瞳AF」などの機能に対応しているため、手持ち撮影でも高速・高精度のAFを達成しているという。

Model A047はタムロンの最新の設計技術による徹底したシミュレーションに基づく光学設計を実施。その結果、70-300mmの望遠ズームで545gという軽さと、最大径φ77mmのスリムな鏡筒を実現したコンパクト性と、さらに高画質の両立させている。

画像: Model A047の特長

70mmと300mmのMTF曲線

画像1: 70mmと300mmのMTF曲線
画像2: 70mmと300mmのMTF曲線

Model A047のAF駆動には、レンズ位置を高精度に検出するセンサーとAF制御に最適化されたステッピングモーターユニットRXDを搭載。高速かつ精緻なAF動作が可能なため、望遠レンズの使用ユーザー多いであろう、スポーツや鉄道、飛行機、車、バイクなど動きの激しい被写体に正確にピントを追従し続ける。

また静粛性にも優れ、劇場などで静音が求められるシーンやレンズの駆動音が記録されやすい動画撮影などでも使えるのも嬉しい。

Model A047はソニー製カメラが搭載する「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」にも対応し、AFでの合焦後にフォーカスモードを切り換えることなく手動でピントを微調整が可能だ。 そしてレンズ鏡筒の可動部や接合部など、主要な箇所に防滴用のシーリングを配した簡易防滴構造を採用しており、屋外の撮影でも安心して使用できる。

本レンズは手頃な値段から注目をあつめそうだが、撮影ジャンルとしてはスポーツ、鉄道、航空機などの動きものはもちろん、圧縮効果を活かしたポートレート、そして「この1本で済ませたい」という軽装備を好むユーザーなどにも支持されそうだ。

Model A047はソニーEマウントカメラの主な機能に対応している

●ファストハイブリットAF
●瞳AF
●ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)
●カメラ内レンズ補正(周辺光量、倍率色収差、歪曲収差)

Model A047の主な仕様

●焦点距離:70-300mm(フルサイズミラーレス一眼カメラ使用時)
●明るさ:F4.5-6.3
●画角(対角画角):34°21’-8°15’
●レンズ構成:10群15枚
●最短撮影倍率:0.8m(WIDE)/1.5m(TELE)
●最大撮影倍率:1:9.4(WIDE)/1:5.1(TELE)
●フィルター径:Φ67mm
●最大径:Φ77mm
●長さ:148mm
●質量:545g
●絞り羽根:7枚(円形絞り)●最小絞り:F16-32
●標準付属品:丸形フード、レンズキャップ
●対応マウント:ソニーEマウント
●価格(税別):7万円

さらに詳細な情報はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.