今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「ヒュンダイ XG300」だ。

ヒュンダイ XG300(2002年)

画像: 全長は4.9m近く、全幅も1.8mを超える。豪華仕様の300Lはタイヤが205/60R16となる以外、外観はほとんど変わらない

全長は4.9m近く、全幅も1.8mを超える。豪華仕様の300Lはタイヤが205/60R16となる以外、外観はほとんど変わらない

昨年(編集部註:2001年)から日本市場に本格参入した韓国の自動車メーカー、ヒュンダイ。昨年の日本での販売台数は1113台にとどまったが、今年(2002年)はFIFA ワールドカップのオフィシャルパートナーであることもウリにして、5000台を目標としている。そんなヒュンダイのフラッグシップが、今回試乗したXG300だ。本国では「グレンジャー」という名称もつけられているが、日本では単にXG300となっている。

XG300は、日本車ではクラウンやセドリックにあたるフォーマルサルーンだ。サイズ的にはクラウンのロイヤルサルーンをひとまわり大きくしたくらいだ。さまざまな国の高級車を研究したというヒュンダイゆえ、そのスタイリングに安っぽさはない。独立したフロントグリルや、リアコンビネーションランプより一段高められたトランクリッドなど、ディテールも悪くはない。だが、オリジナリティには今ひとつ欠けるかもしれない。

室内は広く、シートの出来もいい。ヒーター付きの本革シートはオプション(10万円)だが、オートエアコン、運転席パワーシート、4エアバッグ、トラクションコントロール & ABSなど、安全&快適装備は日本の高級セダンとほぼ同等のフル装備で、価格は249万8000円! さらに装備を豪華にしたXG300Lでも279万8000円だから、同排気量のクラウンやセドリックより100万円以上も安いのだ。これは、お買い得と言わずにはいられないだろう。

画像: 本革ステアリングとウッド調パネルも標準装備。5速ATは左のゲートでマニュアルシフトが可能だ。ウインカーレバーは右側にある。

本革ステアリングとウッド調パネルも標準装備。5速ATは左のゲートでマニュアルシフトが可能だ。ウインカーレバーは右側にある。

フロントに横置きされるパワーユニットは、3LのV6 DOHC。形状は三菱のものと似ているがヒュンダイ自社製だ。組み合わされるトランスミッションはマニュアルモード付きの5速ATで、前輪を駆動する。このエンジンは静かでスムーズ、かつパワフルでなかなか好印象だ。

乗り味は日本車よりもむしろヨーロッパ車を彷彿とさせるもので、何も知らずに乗せられたら、どこの国のクルマかわからないだろう。サッシュレスドアを採用しているので、高速走行時にウインドーまわりで風の吸い出し音が気になる以外は、走りに不満はない。5速ATはマニュアルモード付きだが、このクルマの性格を考えると無理には必要ないかもしれない。

しかし、ハードが良くて価格が安いだけではクルマは売れない。日本において、それは高級車ではなおさらで、割り切って乗れる人は少ないだろう。クルマ、特に輸入車はイメージ商品なのだ。ヒュンダイがまずすべきことは、ディーラーネットワークの構築と整備を行い、「しっかりしたクルマ作りをしている」というイメージを小さいモデルから築き上げ、ブランドイメージを徐々に高めていくことだろう。また、リセールバリューも大事なポイントだ。

日本市場でも小型セダンのエラントラからミニバンのサンタフェ、SUVのトラジェなど、豊富なラインアップを展開しているヒュンダイ。それぞれのクルマのクオリティは悪くない。安くていいクルマをお探しなら、ぜひ一度、ヒュンダイ車を試してみるといいだろう。(編集部註:ヒュンダイは2010年に日本市場での乗用車販売から撤退しています)

画像: 高級車らしく、外観にはクロームメッキのパーツを多用している。リアコンビランプより一段高められたトランクリッドが特徴的だ。

高級車らしく、外観にはクロームメッキのパーツを多用している。リアコンビランプより一段高められたトランクリッドが特徴的だ。

■ヒュンダイ XG300 主要諸元

●全長×全幅×全高:4865×1825×1420mm
●ホイールベース:2750mm
●車両重量:1730kg
●エンジン形式:V6・4バルブDOHC・横置FF
●排気量:2972cc
●最高出力:141kW(192ps)/6000rpm
●最大トルク:260Nm(26.5kgm)/4000rpm
●トランスミッション:電子制御5速AT(マニュアルモード付き)
●タイヤ:205/65VR15
●車両価格(当時):249万8000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.