お互いに宿敵である名家の出自の男女が恋に落ちる「ロミオとジュリエット」。蔓延する新型コロナウイルスにより、世界中が排外主義や自国ファーストの流れに傾いている今、国境や人種、社会の障壁を越えて描かれる愛をテーマにした物語は、より強く私たちの心に深く刺さる。そんな “ロミジュリ”的ラブストーリーを描いた3作品を今回ピックアップ。対立を愛へと変えるパワーに溢れた物語を、ぜひこの機会にご堪能あれ!

『キーパー ある兵士の奇跡』10月23日(金)全国公開

画像: 『キーパー ある兵士の奇跡』10月23日(金)全国公開

1本目は、2020年10月23日(金)より全国公開される『キーパー ある兵士の奇跡』。2019年にドイツのバイエルン映画祭で最優秀作品賞に輝き、世界各国の映画祭で数々の観客賞を贈られた話題作だ。

第二次世界大戦で捕虜としてイギリスの収容所に送り込まれたナチス兵士のバート・トラウトマンが、終戦後にイギリスとドイツを結ぶ平和の架け橋となり、やがて国民的ヒーローとして敬愛されたという驚くべき実話から生まれた物語。

1945年、ナチスの兵士だったトラウトマン(デヴィッド・クロス)は戦地で捕虜となり、イギリスの収容所でサッカーをしていた時、地元チームの監督の目に留まり、ゴールキーパーとしてスカウトされる。

やがてトラウトマンは、監督の娘マーガレット(フレイア・メーバー)と結婚し、名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」の入団テストに合格する。だが、ユダヤ人が多く住む街で、トラウトマン夫妻は想像を絶する誹謗中傷を浴びる。それでも、トラウトマンはゴールを守り抜き、マーガレットは夫を信じ続けた。

やがて彼の活躍によって、世界で最も歴史ある大会でチームは優勝、トラウトマンは国民的英雄となる。だが、トラウトマンは誰にも打ち明けられない〈秘密の過去〉を抱えていた。そしてその秘密が、思わぬ運命を引き寄せてしまう─。

初めは地元クラブのチームメイトや監督の娘マーガレットから、元ナチス兵であることを理由に拒絶されたトラウトマン。やがて、その人懐っこい人柄から、周囲に受け入れられるように。敵からひとりの人間として見方が変わり、思いが愛となり結ばれていくマーガレットの姿には深く心を揺さぶられる。そして、サッカーという万国共通のスポーツが国境や人種の壁を越え和解へと導いてくれるトラウトマンの勇姿には、希望を感じさせる。

現在、蔓延している人種間の対立やヘイト問題について改めて考えさせられる珠玉の一本。世界各国の映画祭で数々の観客賞に受賞したことからも、まさにいま私たちが求めている普遍的なテーマである。

トラウトマンには『愛を読むひと』のデヴィッド・クロス、彼の妻のマーガレットには『サンシャイン/歌声が響く街』のフレイア・メーバー。脇を固めるキャストには『天使の分け前』のジョン・ヘンショウ、『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・メリング、『リトル・ダンサー』のゲイリー・ルイスと、英国屈指の実力派俳優が揃った。

『愛の不時着』Netflix配信中

2本目は、その人気がまさに社会現象と化している『愛の不時着』。2020年2月に配信がスタートされ今もなおNetflix国内視聴ランキングの上位を常にキープ、アジア圏や北米でもTOP10入りを果たし、多くのメディアで取り上げられ芸能人の口コミも広がり、「不時着ロス」といった言葉がSNSで流行するほど、沼にハマる人を続出させている。

突風の先に待ち受けているのは、幸運か、はたまた不運の始まりか。 韓国財閥の令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)がパラグライダー事故で不時着したのは、なんと北朝鮮。 そこで出会った現地のエリート将校のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)に助けられ、匿われるうちに恋に落ちていく。

敵対関係である韓国と北朝鮮をテーマにしたことや、脚本では北朝鮮出身者の映画監督がアドバイザーとして参加したことで、リアルな北朝鮮の生活が描かれていることなどは、これまでの韓流ラブストーリーとは一線を画す。北と南、今もなお分断されている朝鮮半島だけでなく、対立する国や人種に置き換えても語ることができる物語。障壁を超えたふたりの愛が「着地」することを願わずにはいられない。

『ジョジョ・ラビット』ブルーレイ&DVD発売中

3本目は本年度のアカデミー賞脚色賞受賞、トロント国際映画祭最高賞、観客賞を受賞した大ヒット作『ジョジョ・ラビット』。子どもの目線を通し、ユーモアたっぷりでナチス・ドイツを描いたことは、記憶に新しい。

第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは、空想上の友達であるアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、心優しい彼は訓練でウサギを殺すことができず、“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまう。そんな中、ジョジョは母親と2人で暮らす家の隠し部屋に、ユダヤ人少女エルサが匿われていることに気づく。やがて、ジョジョは皮肉屋のアドルフの目を気にしながらも、強く勇敢なエルサに惹かれていく——。

ナチスを崇拝するジョジョがユダヤ人のエルサと出会い、彼女を知ることで、ナチスに疑問を抱く心の変化や、人種の壁を超えて恋に落ちていくシーンは必見。ビジュアルのウサギに見立てただけではない、“ピースサイン”に込められた、本作で描かれる反ヘイトと平和への思いを、コミカルに描かれるストーリーを楽しみながら感じ取りたい。

キーパー ある兵士の奇跡
2020年10月23日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
配給:松竹
ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.