9月22日(火)よる9時スタートのカンテレ・フジテレビ系新火9ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』で主演を務める福士蒼汰が、このドラマの主題歌を歌うコブクロと対面した。

コブクロが音楽番組収録中の都内の現場に福士蒼汰がサプライズで現れ、コブクロの2人は突然のことに「えーー!?」と驚きを隠せない様子。

新火9ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」は、主演の福士蒼汰が初のダークヒーローに挑む注目ドラマ。本作は、集英社が発行するコミック雑誌「グランドジャンプ」で連載していた人気漫画「DIVER-組対潜入班-」(作・大沢俊太郎)が原作の"本当の悪とは、正義とは何かを問いかける"ノンストップサスペンスだ。
急増する犯罪組織に対抗するため兵庫県警に秘密裏に設けられた潜入捜査チーム(通称「D班」)は、悪の組織に潜入する“DIVER(ダイバー)”たちで構成。福士演じる「最強で最凶の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)は、犯罪者を逮捕するためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な男で、身分を偽り七変化しながら悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を駆逐していく......。

主題歌「灯ル祈リ」について

福士「ひと言ひと言がすごく重みのある歌詞で、さらにお二人の歌声やメロディに乗せて心にグッと響く、本当にいい曲をありがとうございます」

画像1: 主題歌「灯ル祈リ」について

小渕「ありがたいですね。僕たちもドラマを一足先に見せていただいたんですが、福士くんが演じる黒沢兵悟が本当の悪の悪で、すごい怖いんですよ!(笑)1話を見ただけでも映画を見た後のような満足感がありますし、ここから先、どうなっていくんだろう、と引き込まれていきました」

画像2: 主題歌「灯ル祈リ」について

黒田「これまでに何度かお会いしたことはあるものの、『DIVER』を見てから会うのはもちろん今日が初めて。いま、ちょっと怖いもんね!本当にさわやかなのか、本当は悪いのか、どっちがほんまの福士くんか分からん(笑)」

画像3: 主題歌「灯ル祈リ」について

ドラマのために書き下ろされた楽曲

ドラマ主題歌となる「灯ル祈リ」は、小渕が『DIVER』の原作であるコミックや、脚本を読み込み、主人公である黒沢兵悟の生き様と、今伝えたい想いを重ね、書き下ろした重厚なパワーバラードとなっている。(コブクロ32枚目のシングル:10月14日リリース)

コブクロ×福士蒼汰の組み合わせは、2017年の映画『ちょっと今から仕事やめてくる』以来、3年ぶりの2度目のタッグ。

福士「小渕さんから、この曲に対する想いをお手紙でいただきました。兵悟という人間と、作品のメッセージをしっかりと受け止めてくださっているのがうれしかったです。特に歌詞の中に“檻を破り 逃げ出したライオン”というフレーズがあるんですが、この部分にすごく共感しました。ライオンは強くてどう猛だけど、檻から急に出されてもどうしていいかわからない。そんな中、母という光を探していく。兵悟も強い男ではあるけれど、何かを求めていないと倒れてしまう、という内面の部分と通ずるなと思いました」

小渕「うれしいですね。そんな風にじっくり聞き込んでいただけるなんて。作品を読んで溢れ出てくるものをどうやって閉じ込めようかと、必死に作った曲なので、ありがたいです」

あらすじ

舞台は兵庫県神戸市。急増する犯罪組織に対抗するため兵庫県警に秘密裏に設けられた「潜入捜査」チームがあった。通称「D班」と呼ばれ、悪の組織に潜入する“DIVER(ダイバー)”たち。命を落とす危険と隣り合わせの仕事だ。
「最強の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)は、犯罪者逮捕のためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」。七変化しながら悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を駆逐する。
D班の一員として潜入捜査に挑みながら、父の死の真相を追う佐根村将(野村周平)。潜入捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)。そしてその特殊潜入捜査チーム「D班」を招集した県警本部長・阿久津洋子(りょう)の真意とは。

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』

放送日時:2020年9月22日(火)スタート※初回15分拡大 火曜夜9時 カンテレ・フジテレビ系全国ネット 
全5話

原作:大沢俊太郎 「DIVER-組対潜入班-」(集英社)
脚本:宇田学
演出:宝来忠昭 木村弥寿彦(カンテレ) 西方友樹
プロデュース:萩原 崇 (カンテレ)・ 大城哲也(ジニアス)
制作著作:カンテレ
公式HP https://www.ktv.jp/diver/   
Instagram  https://www.instagram.com/diver_ktv/ID : diver_ktv
Twitter @diver_ktv

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.