2020年9月18日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンはレンジローバースポーツの2021年モデルの受注を開始した。2021年モデルには、マイルドハイブリッド採用のインジニウムディーゼルエンジンをラインアップするほか、新グレードの追加及び3種類の限定グレードの導入が行われた。

ガソリンエンジン搭載の新グレードも登場

レンジローバースポーツの2021年モデルが9月18日より受注が開始された。2021年モデルには、インジニウム エンジンファミリーに新たに加わった、マイルドハイブリッドテクノロジー採用の3L直列6気筒ディーゼルエンジン(最高出力300ps/最大トルク650Nm)がラインアップされた。

3L 直列6気筒インジニウム ガソリンエンジン搭載の新グレードHSTも加わった。このモデルは、カーボンファイバーエクステリアパックや、21インチブラックホイール、ツインブレードサンバイザーを装着したスポーティなエクステリアが特長となっている。

画像: 新たに加わったHST。3L 直列6気筒インジニウムガソリンエンジンを搭載。

新たに加わったHST。3L 直列6気筒インジニウムガソリンエンジンを搭載。

装備充実の2021年限定モデルの導入も行われた。「レンジローバースポーツHSEシルバー」、「レンジローバースポーツHSEダイナミックブラック」、「レンジローバースポーツSVRカーボンエディション」の3グレードで、それぞれパノラミックルーフやMeridian サラウンドサウンドオーディオシステム、SVR カーボンファイバーエクステリアパック(エクスポーズドカーボンファイバーボンネット付)などの特別装備が施されている。

レンジローバースポーツ 車両価格(税込み)

レンジローバースポーツSE(3L直6ディーゼル)936万円〜
レンジローバーSVRカーボンエディション(5L V8ガソリン)1921万円

画像: レンジローバースポーツHSEダイナミックブラックのインテリア。

レンジローバースポーツHSEダイナミックブラックのインテリア。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.