2020年8月29、30日に宮城県のスポーツランドSUGO・インターナショナルモトクロスコースで開催された全日本モトクロスの開幕戦。オートバイ女子部の梅本まどかが、現場から観戦レポートをお届けします!

「凄い!!かっこいい!!!」が止まりませんでした。

8月29.30日に開幕した「全日本モトクロス選手権2020 in SUGO」に行ってきたのですが、走行が始まると何度同じ場所で観ても感動するし、遠くから観ても伝わるあの迫力あるジャンプ。加速。

人生で2度目のモトクロス観戦でしたが、今回も現場の雰囲気に一気に虜にされてしまいました。

私はロードレースだと音とか速さとか、あのピリッとしたサーキットの雰囲気が好きなのですが、モトクロスはもう大ジャンプにコーナーの砂埃。そして、1つのコーナー、走行ラインで一気に流れが変わるあの雰囲気がたまらなく痺れるのです!

それに加えて、今回はコロナの影響で開幕が大幅に遅れたこともあり、表彰台で言葉を一生懸命伝えようと、涙を流しながらも想いを語る選手などもいたり、その一言一言から「ホントに開幕できて良かったなぁ」と感じると同時に、『大会にかける想い』『モトクロス愛』をとても感じました。

その中でも特に印象的だったのが、LMXというレディースクラス。

優勝したのは、#3 T.E.SPORTの川井麻央(かわいまなか)選手ですが、涙を流しながら喜びを噛み締め、また一生懸命お話しされている姿がホントに印象に残っています。

画像: 表彰台で涙を抑える川井選手。

表彰台で涙を抑える川井選手。

実は、昨年名阪スポーツランドに初めてモトクロス観戦に行った時、川井選手に転んだ時のメンタル克服方法や、オフロードの走り方を少し教えて頂いたのです。
その時、とてもアスリート魂を感じる真面目な選手だなぁ。でも教え方は丁寧で優しいし、なんてかっこいいんだろう。と感じました。

今回、予選が終わった後に少しお話しを聞きに行くと「今回はやってやるぞ!」という雰囲気と笑顔が輝いていて、翌日の決勝の走りが楽しみだなとワクワクしていました。

川井選手、予選はトップ。
このSUGOのコースは得意ですか?と聞くと「苦手ではないし、好き」と答えてくれました。あと、初めての観戦だと、どこで観るのがオススメかも聞いてみると「大坂スタンドやヨーロピアンらへんはオススメ!」と教えて頂いたので、LMXの決勝は大坂スタンドで観ることに!!!!

大坂スタンドはスタート地点が少し遠いのですが、大坂を登ってくる所も観られるし、そのあとのテクニカルセクションも観られます。

梅ちゃんオススメの観戦場所は、コチラの記事で!

スタート前は凄くドキドキしながら注目して観ていると、スタートで前に出たのは#1 本田七海選手。

大坂からテクニカルセクションは2位を走行していた川井選手ですが、私は思わず「いけいけー!」と心の中で叫びながらも、冷静に走っているように見える川井選手の走りがとてもかっこよく、輝いて見えました。

ヨーロピアンセクションは見えなかったのですが、KYBジャンプでは川井選手が前に出てトップで戻ってきたときは鳥肌が立ち、そこからも後ろを振り返って確かめる余裕があるくらい、安定した走りで逃げ切りフィニッシュ。

走り終わった後のガッツポーズもかなり印象的でした!

画像: チェッカー後の川井選手。

チェッカー後の川井選手。

また表彰台では「初優勝から全然勝てなくて...毎年今年こそって思っていて...」と、ようやく勝てたという想いと、「今年はコロナウイルスの影響で4戦しか出来ないけど、とりあえず1勝できて嬉しい。でも自分はここで終わりじゃないんで、年間チャンピオン狙って頑張るので応援宜しくお願いします!」と嬉しさ以上にひたむきさとまだまだ上を目指していくというスポーツ魂のような想いが、とても伝わってきてジーンとくるものがありました!!!

ホント凄いなぁ、、、と刺激とパワーを沢山もらいました。

また、その後の、2019年チャンピオンである本田選手の悔し涙もあるスピーチ。
それぞれの選手のこの大会にかける強い想いがひしひしと伝わる空気感でした。

また3位になった小野彩葉(おのいろ))選手も「表彰台に上がれて嬉しいけど、シーズンオフに優勝目指して練習してきたから悔しいけど、次は勝ちます!」と話していて、今年はシーズンオフが長くなってしまい、全4戦になったからこその1戦1戦の重みみたいなものを、話す雰囲気や言葉から感じました。

また、今回はコロナウイルスの影響で表彰式はマスクをつけて行なわれたのですが、あんな激しい走りをした後に、息苦しいであろうマスクをつけて話す選手のみなさんに感動しました。

画像: レディースクラス表彰式の様子です。

レディースクラス表彰式の様子です。

小野選手と川井選手は同じチームなので小野選手にも予選後にお話しを聞いたのですが「私は、ジャンプを見てもらいたいかな」と見所を教えてくださったり「SUGOは好きなコース。久しぶりにレースができて嬉しい」と素敵な笑顔で答えてくれました。

実はこの日は天候も怪しくどうなるかな?!と3人でいろいろお話ししていたのですが、選手のみなさんはしっかり雨雲レーダーをチェックしていてさすがだな。とも感じました!

画像: 何故かみんな同じポーズで喋っています。笑

何故かみんな同じポーズで喋っています。笑

あと、今回はコロナウイルス対策として、会場入口で検温や質問事項のチェックがあるのですが、それにクリアすると手首に紙テープを巻かれるんです。

選手のお二人もしていたので、話を聞いてみると「観客も選手もチームもみんな同じで、入る前につけてもらい、出るまではずしちゃいけないんです。競技中もこのままですよ!その日によって色は違うみたいです。」と教えてくれました!

今回から導入されたコロナ対策みたいですが、選手の方もずっとつけているとは知らずびっくり。運営の方もいろいろ状況に合わせて対策して下さっているんだなと感じました。

画像: 予選日は黄色、決勝日は青でした。

予選日は黄色、決勝日は青でした。

少し話しがそれてしまいましたが、LMXだけでなく他にも「みんなに伝えたい!」という想いを感じるスピーチをされる選手が多く、中でもA1クラスで優勝した山本鯨選手は、レース1の表彰式が終わる間際にもう一言言いたいと、「今世界的に厳しい中でも、これだけの方が観に来てくれて、沢山の協力の中で走れたので、すごい...また次のステップにモトクロス界が進めれるように、僕自身全力で走っていきますし、みなさんの力が必要な時だと思いますので、これからもモトクロス界全体の応援もお願いします!」と今回の開催への感謝とモトクロス界を盛り上げていきたい気持ちを伝えられていました。

IA1は2レース制で山本選手は2レースとも優勝したのですが、走りだけではなく、この気持ちの熱さもかっこいいなと感じました。

あと私は2レース目の表彰式で話していた山本選手のこの言葉が印象に残っています。

「今年IA2から1に上がった選手やアメリカから帰ってきた選手もいて、また戦力が、層が、厚くなってると思うけど、僕のやる事は変わらない、目指すところも変わらない」と。

IA1クラスの特に2レース目は、熱いバトルも多く、ホントにどうなるのかな?!とわくわくした場面があったのですが、この若手選手が今育ってきている状況と、でも譲れない王者。という漫画に出てきそうなキャラクターが揃った感じ。

やっぱりその年、その年で楽しみ方が違うと思うんですけど、ホントに今季の戦いがとても楽しみになりました♪

画像: IA1クラスの2レース目の表彰式の様子です。

IA1クラスの2レース目の表彰式の様子です。

4戦ということで少なくはなってしまいましたが、その1戦1戦でどう変わるか、どんな走りが見られるのか、とても興味深くなりました。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.