ロールス・ロイスやフェラーリなど、プレミアムカーの正規ディーラーを展開するコーンズは、車両の保管やメインテナンスを行うサービス「コーンズ・リザーブ(CORNES RESERVE)」を展開している。

保管環境や自然災害などを気にするオーナーも多いはず

長年憧れていたクルマを手に入れたときの喜びはひとしおである。子どものころ夢にまで見たスーパーカー、現代のモデルでは味わえない魅力を持つクラシックカー、モータースポーツでの活躍を長年見てきた往年の国産名車など、手にするモデルはひとそれぞれであるが、そのオーナーたちは、ある悩みを抱えることが多いという。

盗難や車上荒らしなどの犯罪からクルマを守ることはもちろんのこと、クルマの保管に適した条件を用意できているかなど、現在の保管場所にまつわる不安を持っている。とくに近年は地震や洪水などの自然災害も日本各地で頻発しており、これにより大切な愛車を失ったという無念の声も多く聞く。

こうした不安・悩みに応えるため車両の長期保管とメインテナンスをパッケージにしたサービス「コーンズ・リザーブ」を提供するのが、ロールス・ロイスやフェラーリ、ランボルギーニなどの正規販売ディーラーとして知られる「コーンズ・モータース」である。

画像: 東京都大田区にあるコーンズ・リザーブの保管施設。保管だけでなくエンジン始動やタイヤの空気圧チェックなどもサービスに含まれている。

東京都大田区にあるコーンズ・リザーブの保管施設。保管だけでなくエンジン始動やタイヤの空気圧チェックなどもサービスに含まれている。

東京・羽田空港から近く、品川からクルマでおよそ15分の場所に専用の保管施設を用意し、この中ではつねに空調設備が稼働してクルマの保管に適した温度・湿度を保つ。もちろん、万全のセキュリティを整えられている。保管期間中には、バッテリーチャージやオイルチェック、タイヤ空気圧のチェック、エンジン始動チェックなどの基本的なメインテナンスも随時行われて、事前予約さえすれば乗りたいときに24時間いつでもすぐ出庫できる状態に準備するという。

基本料金は年間145万2000円(税込み)で、1年点検や車検などの定期点検や給油は別料金メニューとなるが、コーンズ・モータースで購入していない車両についても受け付けているというから嬉しい。現在の保管状況を気にしているオーナーは一度相談してみてはどうだろうか。

コーンズ・リザーブ 概要

■各種サービス:
バッテリーチャージ
オイルチェック
タイヤ空気圧チェック
羽田空港から無料送迎
エンジン始動チェック
車両状態レポート
洗車/クリーンナップ
24時間無休入出庫サービス(事前予約)
■施設所在地:東京都大田区京浜島
■営業時間:9時~18時(土日祝除く)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.