ついにベールを脱いだ超大作「TENET テネット」。“時間の逆行”をテーマにした本作は、究極の映像体験をもたらす革命的一作。その撮影は一体どのように行なわれたのでしょうか?いま明かされる、「TENET」の真実。(文・よしひろまさみち/デジタル編集・スクリーン編集部)

プロフィール:
クリストファー・ノーラン監督

「インセプション」(2010)「インターステラー」(2014)「ダークナイト」(2008)など作家性と娯楽性を兼ね備えた話題作を次々に生み出し、“今最も次回作が待たれる”といわれる名匠。新作「TENET」は「ダンケルク」(2017)以来3年ぶりの監督作品となる。1970年7月30日生まれの50歳。

プロフィール:
ジョン・デヴィッド・ワシントン

アカデミー賞作品賞を含む6部門でノミネートされた『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たし、脚光を浴びる。2012年までプロアメリカンフットボール選手として活躍し、俳優に転身。父親は名優デンゼル・ワシントン。1984年7月28日生まれの36歳。

プロフィール:
ロバート・パティンソン

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005)のセドリック役で注目を浴び、「トワイライト」(2008)シリーズで一躍スターダムへ。Netflix映画「悪魔はいつもそこに」がこの9月に配信開始され、2021年公開予定の『ザ・バットマン』で新バットマンに決定している。1986年5月13日生まれの34歳。

物語の終盤で明かされることを最初から意識しながら演じていた

また、我々はクリストファー・ノーランの仕掛ける迷路にハマる。超話題作『TENET テネット』は、これまでノーランが作品の中にモチーフとして取り入れてきた「時間」をコンセプトにしたスパイ・アクション大作。

世界大戦を回避するためにスカウトされた「主人公」の男が、これまでの物理的常識を破る「逆行する時間」の世界で戦う物語だ。まるで『インセプション』に出てくる迷路のように、一度観たら抜けられないカルト大作でもある。この作品の主演ジョン・デヴィッド・ワシントンとロバート・パティンソン、そして監督のクリストファー・ノーランに撮影秘話をうかがった。

画像: Photo by Gregg DeGuire/FilmMagic
Photo by Gregg DeGuire/FilmMagic

主人公が歩んでいく道のりは観客も体験する道のりだと思ったよ
──ジョン・デヴィッド・ワシントン

クリストファー・ノーラン監督
この作品には、スクリーンに目を釘付けにすることができる俳優が必要だったんだ。ドラマの『ballers/ボウラーズ』を観てジョン・デヴィッドに惹かれていたんだけど、カンヌ映画祭の『ブラック・クランズマン』(2018)ワールドプレミアを観たとき、彼の天性のカリスマ性に強く感銘を受けた。『TENET テネット』の構想にとって最も重要な瞬間が訪れたといっていいね。

ジョン・デヴィッド・ワシントン
光栄だよ。監督の作品で最初に観たのは、『バットマン ビギンズ』(2005)で、バットマンファンの僕は大興奮したんだけど、そのあと『メメント』(2000)を観てノックアウトされたんだ。

だから新作の件で監督から会いたいと連絡を受けたとき、「え、あのクリストファー・ノーランが!?」とはしゃいでね(笑)。実際会ったときは、新作の話をするというよりも、彼の作品や映画への思い、映画が自分の人生にどれだけ大切なものかを夢中になって話したんだ。

「このプロジェクト、本当にあるの?」って思っていたんだ
──ロバート・パティンソン

ロバート・パティンソン
僕も彼と最初に会ったとき、『TENET テネット』の話は一切しなくて、ずっと無関係の話を何時間も話してたんだよね。面会の後、エージェントから「で、どうだった?」って聞かれて、「わからない……。クリスは親切でやさしかったんだけど、新作の話は一切されなかったからきっと僕は不合格だったんじゃない?」って答えたのを覚えてる(笑)。

新作の話が一切でなかったことに対して、「このプロジェクト、本当にあるの?」って思ったんだよね。クリスの映画は幼少の頃からファンだったから、監督が手の届かないところにいる感覚がして、「僕に出演するチャンスなど巡ってくるわけがない」と思い込んでたんだ。だから、今回は思ってもいなかったようなチャンスだったよ。

クリストファー・ノーラン監督
いやいや、すまない。じつはあの時点では、「主人公」のイメージはあったんだけど、ロブ(パティンソン)が演じたニールの役柄の細かいことは決まっていなかったんだ。問題はニールを気に入ってくれて血の通ったキャラクターにしてくれる才能豊かな俳優を捜さないといけないと思ってた。ロブに会った瞬間、ニールは君にうってつけだと思ったよ。

ロバート・パティンソン
ニールは様々な顔がある男だけど、そのことを妙に自覚的でもあるよね。物語の終盤で明かされることを、「主人公」と出会う最初のシーンからずっと、意識の一部として取り込みながら演じないといけなかった。

とても読み解きにくいキャラクターである上に、複雑に入り組んだ世界を生きているが、カオスな状態をどこか楽しんでいるところもあるんだよね。そこをキャラ作りの一つの軸にしている。この世界は途中でとてつもない「真実」が明かされるわけだけど、他の登場人物とは対照的に、ニールはその悪夢を楽しんじゃっているところがあるんだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.