ついにベールを脱いだ超大作「TENET テネット」。“時間の逆行”をテーマにした本作は、究極の映像体験をもたらす革命的一作。その撮影は一体どのように行なわれたのでしょうか?いま明かされる、「TENET」の真実。(文・よしひろまさみち/デジタル編集・スクリーン編集部)

プロフィール:
クリストファー・ノーラン監督

「インセプション」(2010)「インターステラー」(2014)「ダークナイト」(2008)など作家性と娯楽性を兼ね備えた話題作を次々に生み出し、“今最も次回作が待たれる”といわれる名匠。新作「TENET」は「ダンケルク」(2017)以来3年ぶりの監督作品となる。1970年7月30日生まれの50歳。

プロフィール:
ジョン・デヴィッド・ワシントン

アカデミー賞作品賞を含む6部門でノミネートされた『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たし、脚光を浴びる。2012年までプロアメリカンフットボール選手として活躍し、俳優に転身。父親は名優デンゼル・ワシントン。1984年7月28日生まれの36歳。

プロフィール:
ロバート・パティンソン

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005)のセドリック役で注目を浴び、「トワイライト」(2008)シリーズで一躍スターダムへ。Netflix映画「悪魔はいつもそこに」がこの9月に配信開始され、2021年公開予定の『ザ・バットマン』で新バットマンに決定している。1986年5月13日生まれの34歳。

トラブルで思い出すのは高速道路で撮影したカーチェイスの場面

君たちのような役者がいなかったら実写撮影することは不可能だった
──クリストファー・ノーラン監督

画像: 君たちのような役者がいなかったら実写撮影することは不可能だった ──クリストファー・ノーラン監督

ロバート・パティンソン
ジョン・デヴィッドが格闘するのを現場で見ていたのだけど、見たことのない振り付けばかりだったんだよ。いや、僕もけっこう格闘シーンはやってきたつもりだったけど、本当に初めてみる動きばかりでね。

完成した映画を見たときに、あらためて素晴らしい演技だと思ったのは言うまでもなく、その上ブルース・リーばりに格闘を繰り広げてたから、すげー! って思ったんだ。

ジョン・デヴィッド・ワシントン
身体の動きやアクション作りからアプローチするのは、僕にとっても初めての経験だし、映画界で長らく働いてきたスタントコーディネーターたちですら、こんな経験は初めてだって言ってた(笑)。

でも、格闘技を習得することで、映画ではどういうアクションが展開するか、事細かにわかるようになったし、プロの殺し屋並みに人の首を折る技術も身についた(笑)。

クリストファー・ノーラン監督
なんせスパイ・アクション映画だからね(笑)。2人とも、ただですら肉体的にはハードな役なのに、そのうえ時間の逆行っていう要素が幾重にも加わってくるから、こちらからの要求は常にハイレベルなものになってしまった。

カメラ技術があってこそ、この作品が実現可能って思っていたけど、それだけじゃない。君たちのような情熱とスキルを持った役者がいなかったら、どんな優秀なカメラがあっても実写撮影することが不可能だったかもしれないね。

ジョン・デヴィッド・ワシントン
カメラといえば、あの巨大なIMAXカメラでアクションシーンを手持ち撮影してたのは驚いたよ。しかも、ドンパチやってるど真ん中で撮影していたけど、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマとクリスは絶対座らないんだよね……。

ロバート・パティンソン
そうそう……。それで「僕らも座るわけにはいかないね」って。だって立ちっぱなしのうえに、トラブルが起きたとしても、クリスはいつもアールグレイティーを飲んで一服したら、即状況を改善して乗り越えていくんだよ。それを観ていたら、僕らが弱音を吐くわけにはいかない、って思うよね(笑)。

クリストファー・ノーラン監督
トラブルといえば、タリンの高速道路で撮影したカーチェイスだね(笑)。ただですら、エストニアの人口密度が高いエリアの中心にある高速道路を8キロも封鎖することに、とんでもなく大変な交渉があったんだけど、撮影前にシーン全体を視覚化したプリビズで分かったことに、最初にたててた仮説が全部間違ってたことに気付かされたんだから(笑)。複雑なシーンは全部プリビズで確認することにしたよ。

ロバート・パティンソン
あのシーンでは、僕が実際に運転しているカットもあるんだけど、リハーサルからしてエキサイティングだったね。もともと僕は危なっかしい運転は絶対にしないんだけど、他の車をぬうようにジグザグ走行するなんてやったことなかったからさ。

ジョン・デヴィッド・ワシントン
あのシーンも興奮したけど、僕は、セイターとのセーリングレースも大興奮だったよ。F50フォイリングカタマランっていう船は、驚くことに乗っているときは飛んでいるみたいなんだ。

しかも、クリスとホイテマが僕たちを撮影しながら、真ん中に紐でつながれているのを見たときに、僕らが怖気づいたりできないと感じたよ。だって、まるで天国にいるみたいに、どの瞬間も楽しんでるように見えたからね。

クリストファー・ノーラン監督
本当にいろいろな国に行ってもらったね。こういうスケール感のある映画の撮影には、いろんな物理的な制約がつきものだけど、様々な街でロケ撮影ができると、描くことのできる範囲が広がる可能性も開けるんだ。

そうすることによって、普段行くことのできないような地へ観客を連れて行くことができるし、そのスケール感ならではの現実逃避を提供できるからね。また、世界各国でアクションを繰り広げることで、登場人物たちにのしかかってくる驚異が局地的なものではなく、世界的なものであり、とてつもなく大きなものであるということを表現することができるんだ。

まぁ、とはいえ、いくつもNGが出たロケ場所もあったんだけどね。たとえば、ムンバイの高層マンション。候補になっていた高層ビルは、外観は完璧だったんだけど、セキュリティが厳しすぎて断念せざるをえなかった。

また、冒頭のキエフのコンサートホールなんて、全然見つからなくて、思いつきでロケハンに行ったエストニアで旧ソ連時代のホール・リンナハルを見つけたときに即決。それでついでに高速道路のシーンもタリンで最高の場所を見つけて交渉したんだ。

ジョン・デヴィッド・ワシントン
いや、思い出深いことばかりだよ。7カ国もの撮影はどこも気に入ったけど、やっぱり、ムンバイが一番心に残ってるな(笑)。

「TENET テネット」
2020年9月18日(金)公開

監督:クリストファー・ノーラン
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ケネス・ブラナー、マイケル・ケイン
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.