2020年9月16日、グループPSAジャパンはコンパクトSUVであるプジョー 2008をフルモデルチェンジさせ、「SUV 2008(PEUGEOT SUV 2008)」として発売した。ガソリンエンジン仕様だけでなく、電気自動車(EV)の「SUV e-2008」もラインアップし、車両価格は299万円〜468万円となる。

ガソリン仕様は208よりハイパワー

現在のプジョーが揃える車種の名称において、3008や5008など4桁の数字の真ん中に0をふたつ並べた車種はクロスオーバーSUVとなる。このラインアップのなかでもっともコンパクトなモデルが2008で、2013年にデビューした初代の全長は4160mmと短い。このサイズは国産車のトヨタ C-HR(4385mm)やホンダ ヴェゼル(4330mm)などよりもひとまわり小さく、取り回しやしやすいのが魅力だ。

プジョーはこの2008をフルモデルチェンジするとともに、正式な車種名を「SUV 2008」として2020年9月16日に発売した。

画像: リアデザインのコンセプトは現在の3008や208に共通する。ただ、リアバンパーやドアなど、新たなデザインも多く取り入れられている。

リアデザインのコンセプトは現在の3008や208に共通する。ただ、リアバンパーやドアなど、新たなデザインも多く取り入れられている。

ボディサイズは若干拡大されるものの、全長4305mm/全幅1770mm/全高1550mmとサイズ感は維持され、立体駐車場に対応した高さに抑えられたことも注目ポイントだろう。また、ホイールベースを70mm延長したことにより伸びやかなボディデザインとなり、さらに室内空間を拡大したことは使い勝手の向上につながる大きな改良といえる。

フロントマスクとテールエンドのデザインは兄貴分にあたる3008や5008、さらにベースとなった新型208に共通するプジョーの新しいデザインアイコンとなる。さらにヘッドライトには「ライオンの爪痕」をイメージした3本の、その下にはサーベル型の上下に細長い「ライオンの牙」のようなLEDデイタイムランニングライトを配置して精悍さを演出する。

リアデザインもシリーズ共通のイメージを残し、テールランプは左右をつなぐような1本の黒いガーニッシュモジュールで構成され、3つにセパレートされた立体的な光源を採用する。特徴的なのはリアゲート下で突き出るように配置されたリアバンパーだ。都会派SUVでは近年、バンパーとリアゲートの段差をなくしたツライチデザインを主流とするが、2008ではあえて大きく突出させるだけでなく黒く塗装して存在を強調、本格クロカンのような雰囲気さえ感じさせるデザインだ。

画像: 曲線的デザインだった従来の2008からイメージを一新し、直線基調となったSUV 2008。前後ドアからフェンダーにかけての三角形デザインはこのモデルから導入された。

曲線的デザインだった従来の2008からイメージを一新し、直線基調となったSUV 2008。前後ドアからフェンダーにかけての三角形デザインはこのモデルから導入された。

ボディサイドにはブランド初採用のデザインで、前後フェンダーから中央へ向かって伸びる三角形の面がシャープさを演出。とくにリアの三角を構成するひとつの辺はリアゲートにまで伸びてボディの統一感にもひと役かっているように見える。

インテリアに目を移すと、従来モデルでも用いられたプジョー独特のi-コックピットは「3D i-コックピット」に進化した。ハンドルを小さく低く配置することで脇を締めるように握ることで操作しやすいドライビングポジションをとることができ、またハンドル上からメーターを見られるので視認性も向上する。新型2008では情報をホログラムのように立体的に、そして重要度の高い情報をレイヤー化してメーターへ映し出すことで、認識するまでの速度を早められるという。

画像: 最新の3D i-コックピットを採用したSUV 2008のインテリア。センターコンソールにはトグルスイッチが7つ配列されている。

最新の3D i-コックピットを採用したSUV 2008のインテリア。センターコンソールにはトグルスイッチが7つ配列されている。

新型最大の特徴は1.2L 直3ターボ(130ps/230Nm)のガソリンエンジンに加えて、ピュアEV(電気自動車)の「SUV e-2008」をラインアップした点だ。このモデルはエンジン搭載モデル・電気自動車といった動力源に対応した最新プラットフォームCMPで設計され、いずれのパワートレーンでも居住空間やラゲッジスペースなどをほぼ統一されている。

エンジンは3気筒ながら低振動・低騒音に抑えられ、GPF(ガソリンパーティクルフィルター)の採用により排出ガスのクリーン化を遂げている。8速ATを組み合わせて前輪を駆動するFFモデルで、車両重量1270kgという軽量さもあってスポーティな走り、17.1km/L(WLTC)という低燃費を実現している。すでに導入されているハッチバック新型208と同じエンジンかと思いきや、30ps/25Nmも向上させた新型となる。

EVのe-2008は136ps/260Nmを発生するモーターで前輪を駆動するFFで、車両重量は1600kg(GTライン)。50kWhの容量を持つバッテリーを車両の床下に搭載することにより、JC08モードで385kmの航続可能距離を達成する。またモーター出力が異なる3つのドライブモードがあり、「スポーツ」モードで100kW/260Nm、「ノーマル」モードで80kW/220Nm、「エコ」モードで60kW/180Nmに制御される。充電はコンセント型/ウオールボックス型の普通充電、CHAdeMO(チャデモ)に対応し、急速充電の場合50分で80%まで充電できる。

画像: SUV e-2008のフロントグリルはボディ同系色に塗装され、またプジョーエンブレムは見る角度によって色の変化する特殊な加工が施された「ダイクロイックライオン」を配置する。

SUV e-2008のフロントグリルはボディ同系色に塗装され、またプジョーエンブレムは見る角度によって色の変化する特殊な加工が施された「ダイクロイックライオン」を配置する。

先進運転支援システム(ADAS)はプジョーのフラグシップモデル508と同等レベルの機能を搭載する。車両や歩行者はもちろん二輪車も検知対象として夜間における検知にも対応するアクティブセーフティブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、レーンポジショニングアシストなど、安全性の向上や運転疲労の軽減に寄与する機能を全車に標準装備する。

208や508をはじめとして近年登場したプジョーモデルの評判は一様に高く、またサイズ的にも日本の道路事情でも扱いやすそうなSUV 2008。どんな走りを見せてくれるのか楽しみである。

プジョー SUV 2008 ラインアップ

SUV 2008 アリュール(1.2L 直3ターボ+8速AT):299万円
SUV 2008 GTライン(1.2L 直3ターボ+8速AT):338万円
SUV e-2008 アリュール(モーター):429万円
SUV e-2008 GTライン(モーター):468万円

プジョー SUV 2008 GTライン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4305×1770×1550mm
●ホイールベース:2610mm
●車両重量:1270kg
●エンジン:直3 DOHCターボ
●総排気量:1199cc
●最高出力:130ps/5500rpm
●最大トルク:230Nm/1750rpm
●駆動方式:FF
●トランスミッション:8速AT

プジョー SUV e-2008 GTライン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4305×1770×1550mm
●ホイールベース:2610mm
●車両重量:1600kg
●モーター:交流同期電動機
●最高出力:136ps/5500rpm
●最大トルク:260Nm/300−3674rpm
●駆動方式:FF
●トランスミッション:オートマティック

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.