2020年6月26日に発売されたホンダ「CT125・ハンターカブ」。そのルーツとはどういったものだったのだろうか。新型ハンターカブへとつながる「CT」や「ハンターカブ」の系譜を振り返る。

1963年 ホンダ「HUNTER CUB C105H」

画像: [エンジン形式]空冷4ストOHV2バルブ単気筒 [排気量]54㏄ [最高出力]5PS/9500rpm [車両重量]73㎏

[エンジン形式]空冷4ストOHV2バルブ単気筒 [排気量]54㏄ [最高出力]5PS/9500rpm [車両重量]73㎏

ハンターカブのルーツ。スーパーカブ55をベースにアップマフラーを装備、悪路走破用のブロックタイヤ、登坂力を増すための大径ドリブンスプロケットも採用した、アメリカ向けのトレールモデル。

1964年 ホンダ「TRAIL90 CT200」

画像: [エンジン形式]空冷4ストOHV2バルブ単気筒 [排気量]86.7㏄ [最高出力]6.5PS/8000rpm [車両重量]82㎏

[エンジン形式]空冷4ストOHV2バルブ単気筒 [排気量]86.7㏄ [最高出力]6.5PS/8000rpm [車両重量]82㎏

アメリカ市場をにらんだトレールモデル。大型のハンドルやリアキャリアを装備し、ハンター向けに実用性を高めているのが特徴。こちらも登坂用の大径スプロケットを標準装備。CTは「カブトレール」の略称。

1968年 ホンダ「CT50」

画像: [エンジン形式]空冷4ストOHC2バルブ単気筒 [排気量]49㏄ [最高出力]4.8PS/10000rpm [車両重量]71.5㎏(乾燥)

[エンジン形式]空冷4ストOHC2バルブ単気筒 [排気量]49㏄ [最高出力]4.8PS/10000rpm [車両重量]71.5㎏(乾燥)

1968年8月に発売されたユニークスタイリングのなモデル。アップマフラーと副変速機「スーパートルク」を採用し、山間部や大量積載時などでの優れた走破性、登坂能力を誇った。当時の価格は6万5000円だった。

1981年 ホンダ「CT110」

画像: [エンジン形式]空冷4ストOHC2バルブ単気筒 [排気量]105㏄ [最高出力]7.6PS/7500rpm [車両重量]87㎏(乾燥)

[エンジン形式]空冷4ストOHC2バルブ単気筒 [排気量]105㏄ [最高出力]7.6PS/7500rpm [車両重量]87㎏(乾燥)

高機能が自慢のトレッキングバイク。エンジンをダメージから守るスキッドガードや、リアキャリアに吸気口を設けたエアクリーナーなどを採用した、新型CT125の直接のルーツと言えるモデル。当時の価格は15万9000円。

まとめ:オートバイ編集部

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.