2020年9月15日、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)は小型乗用車のトールをマイナーチェンジして発売すると発表した。

スマートアシストを強化。快適装備も向上された

画像: トール G(ボディカラーは、コンパーノレッド)

トール G(ボディカラーは、コンパーノレッド)

トール(THOR)は、2016年11月に発売されたトールワゴン型の小型乗用車だ。ダイハツが軽自動車で培ったノウハウを活かして、「子育てファミリーに日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」として登場。トヨタのルーミーとタンク、そしてスバルのジャスティは、ダイハツからOEM供給された姉妹車にあたる。これらのOEM供給モデルと合わせて、今までに70万台以上が販売されている。

今回のマイナーチェンジでは、3つの進化を実現した。
1)進化した先進の「安全・安心」機能を搭載
2)使い勝手の良さをさらに向上
3)外形デザインと内装質感を向上

画像: トールカスタム Gターボ(ボディカラーは、ブラックマイカメタリック×パールホワイトIII)

トールカスタム Gターボ(ボディカラーは、ブラックマイカメタリック×パールホワイトIII)

まず、「安全・安心」機能では、スマートアシストを進化させた。新型ステレオカメラを搭載し、衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能を夜間歩行者や追従二輪車の検知にも対応させるとともに、検知距離や対応速度の向上を実現している。さらに、ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)や路線逸脱警報機能、全車速追従機能付きアダプティブ クルーズコントロールなどの新機能を追加した。

使い勝手の良さでは、電動パーキングブレーキをダイハツの小型車で初採用。オートブレーキホールド機能も搭載した。車内では9インチのディスプレイオーディオをメーカーオプション設定し、センタークラスターパネルにUSBソケットを追加した。ドアロックには待ち時間を解消するタッチ&ゴーロック機能や、近づくだけで解除するウエルカムドアロック解除などを採用した。また、シート形状を大幅改良して、座り心地とホールド性を向上させている。

内外装では、トールとトールカスタムとも「先進・洗練・進化」をテーマに刷新されている。トールでは、フロントサイドの迫力を強めたスポーティなフェイスとし、インテリアはトーンを落としシート色も統一して落ち着いた雰囲気を演出している。トールカスタムでは、ワイド感を強めた迫力あるスタイルとし、インテリアは黒基調はそのままに青のトーンを落として先進感と質感を向上している。いずれもヘッドランプはLEDを採用。ボディカラーも、トールに2色、トールカスタムに4色追加された。

画像: トールカスタム Gターボのインパネまわり。

トールカスタム Gターボのインパネまわり。

グレードと車両価格(税込み)は、以下のとおり。

X(2WD/4WD):155万6500円/173万2500円
G(2WD/4WD):174万3500円/191万9500円
Gターボ(2WD):186万4500円
カスタムG(2WD/4WD):191万4000円/209万円
カスタムGターボ(2WD):204万6000円

パワーユニットは、グレードにターボと付いているものは996ccの直3 DOHCターボで、それ以外は同エンジンのノンターボとなる。トランスミッションはいずれもCVT。駆動方式はターボ車は2WD(FF)のみだが、ノンターボ車は4WDも設定されている。

また、洗練されたメッキパーツやエアロパーツで個性をプラスする、ダイハツ独自のアナザースタイルパッケージをオプション設定した。

装備に関しては、グレードによってオプション設定や非設定のものもあるので、詳細はダイハツのホームページを参照されたい。

画像: トール Gのインテリア。

トール Gのインテリア。

ダイハツ トール G(トールカスタム Gターボ) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3700(3705)×1670×1735mm
●ホイールベース:2490mm
●重量:1080kg(1110)
●エンジン種類:直3 DOHC(DOHCターボ)
●排気量:996cc
●最高出力:51kW<69ps>/6000rpm(72<98>/6000)
●最大トルク:92Nm<9.4kgm>/4400rpm(140<14.3>/2400-4000)
●駆動方式:FF
●WLTCモード燃費:18.4km/L(16.8)
●タイヤサイズ:165/65R14(175/55R15)
●車両価格<税込み>:174万3500円(204万6000円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.