嵐の松本潤が、「きのこの山」「たけのこの里」に対する愛の深さを調査・分析する「きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020 ~愛こそニッポンの元気プロジェクト~」のプロジェクトリーダーに就任した。

国勢調査がはじまって100年目の2020年。そこに便乗して、明治「きのこの山」「たけのこの里」に対する愛の深さを調査し、47都道府県ごとに分析する「きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020 ~愛こそニッポンの元気プロジェクト~」を実施することが決まり、そのプロジェクトリーダーには嵐の松本潤が就任した。

2018~2019年には、「きのこたけのこ どっち派?」論争を国民に問いかけ「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」を行ったこともある株式会社明治。その結果、2回の国民総選挙において投票数は合計26,518,982票に上り、きのこの山・たけのこの里がそれぞれ1勝1敗になるなど注目を集めてきた。
今回のプロジェクトは、参加者の「きのこの山」「たけのこの里」に対する「愛のタイプ(全47種)」と47都道府県ごとの「愛の量(調査参加状況)」をアンケートで調査し、その結果を分析し、各県ごとにどのような愛の傾向がみられるかを「全国LOVE MAP」で公開するというもの。

詳しくは、特設サイトへ。

きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020 「WEBで調査」キャンペーン
実施期間:2020年9月15日(火)10:00~12月14日(月)15:00

「きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020」特設サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.