2020年10月9日(金)より公開を控えた映画『望み』より、堤真一と石田ゆり子の娘役を演じた清原果耶の場面写真が公開された。

累計発行部数は20万部超えの雫井脩介のベストセラー小説が原作となる映画『望み』。
様々な分野で幅広いジャンルを手掛けるエンターテイメントの旗手・堤幸彦監督がメガホンをとる。主演を務めるのは、堤真一。建築デザイナーの石川一登(かずと)を演じる。そしてその妻の貴代美役を石田ゆり子が、高校生の息子・規士(ただし)役を岡田健史が演じている。
今回解禁されたのは、長女・雅(みやび)役を演じる清原果耶の場面写真。21年度前期 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロインに決定し、世間から熱い注目を集めている清原果耶だ。

高校生の息子が消えたその日、同級生が殺された。幸せだった家族の日常は一変する。息子は犯人なのか。それとも、もう1人の被害者なのか?極限の家族愛を描く、サスペンス・エンタテインメント。

解禁された写真では、いかにも優等生の雅が自分の部屋で受験勉強に取り組んでいる熱心な様子が映し出されている。
メガホンをとった堤幸彦監督は、若手演技派俳優の中でも突出した才能で観る者を魅了する、清原に対してこう語った。
堤幸彦監督「噂には聞いていたが、怖いくらい巧い。完璧以外の何者でもない演技でした。今後の日本の映画やドラマを引っ張っていくことは間違いないでしょう。すでに多くの作品で評価されている方ですが、『望み』もそのなかのひとつであってほしいです」

堤幸彦監督絶賛、清原出演の映画『望み』は 10 月 9 日(金)公開となる。

画像: 堤幸彦監督絶賛の清原果耶、映画『望み』より場面写真到着

STORY

― 愛する息子は殺人犯か、それとも被害者か ―
建築デザイナーの石川一登(いしかわかずと)とフリー校正者の妻・貴代美(きよみ)は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。
高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もう一人殺されているという噂が広がる。父、母、妹――それぞれの<望み>が交錯する。

映画『望み』

2020年10月9日(金)全国公開

出演:
堤真一 石田ゆり子 岡田健史 清原果耶 加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太

監督:堤幸彦
原作:雫井脩介「望み」(角川文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子

© 2020「望み」製作委員会
配給:KADOKAWA

公式 Twitter@nozomimovie

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.