Vストローム250/ツーリングセロー/CRF250ラリー/ヴェルシスX250ツアラーのオンロードでの走りを徹底比較! 高速道路を走るのはあまり得意ではない250ccクラスだが、アドベンチャーとしての機能を試すならクルージング力は必須項目。苦手といえるステージだが、4車4様の姿が浮き彫りに!

高速道路を使うのであれば、オンロード志向の2台が有利

アドベンチャーモデルは基本的にツーリングで使われることを想定して作られている。現実的には行程のほとんどが舗装路で、移動時間短縮のために高速道路を使うことも多いだろう。さらに軽量で扱いやすい250ccクラスは街乗り頻度も高いはず。となればオンロード指向の2台、Vストローム250とヴェルシスX250ツアラーにアドバンテージがある。

画像: SUZUKI V-STROM250 ABS エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒/248cc 最高出力:18kW(24PS)/8000rpm 最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/6500rpm シート高:800mm 車両重量:189kg メーカー希望小売価格:税込61万3800円

SUZUKI V-STROM250 ABS

エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒/248cc
最高出力:18kW(24PS)/8000rpm
最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/6500rpm
シート高:800mm
車両重量:189kg
メーカー希望小売価格:税込61万3800円

Vストローム250はロードスポーツのGSX250Rとエンジンから車体までの主要コンポーネンツを共用し、外装デザインを変えることでアドベンチャールックに仕立てているだけに、乗り味はロードスポーツそのもの。

並列2気筒エンジンはピークパワーが低めでカタログ値では見劣りするが、常用速度域では穏やかなレスポンスと振動の少なさで実に快適だし、アンダーパワー感もない。ナックルカバーとスクリーンの装備で長時間走行はもちろん寒い時期や雨にも強いから、ストリート適性が高いことも特徴だ。

画像: Kawasaki VERSYS-X 250 TOURER エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒/248cc 最高出力:24kW(33PS)/11500rpm 最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/10000rpm シート高:815mm 車両重量:175kg メーカー希望小売価格:税込64万1300円

Kawasaki VERSYS-X 250 TOURER

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒/248cc
最高出力:24kW(33PS)/11500rpm
最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/10000rpm
シート高:815mm
車両重量:175kg
メーカー希望小売価格:税込64万1300円

高速道路ではヴェルシスX250ツアラーの大型車的なキャラクターが光る。直進安定性が高くて横風にも強く、33馬力のエンジンパワーで追い越し加速も余裕あり。

両サイドにパニアケースが標準装備されているから、1~2泊のツーリングならバッグ類の装着は不要だし、大型キャリアも装備しているのでテントやシュラフといったキャンプ道具の積載にも困らない。

画像: Honda CRF250 RALLY エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒/249cc 最高出力:18kW(24PS)/8500rpm 最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/6750rpm シート高:895mm(Type LDは830mm) 車両重量:157kg(Type LDは156kg) メーカー希望小売価格:税込71万5000円

Honda CRF250 RALLY

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒/249cc
最高出力:18kW(24PS)/8500rpm
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/6750rpm
シート高:895mm(Type LDは830mm)
車両重量:157kg(Type LDは156kg)
メーカー希望小売価格:税込71万5000円

CRF250ラリーは純粋なオフロードモデルがベースだが、試乗した「タイプLD」は車名のごとく前後サスペンションに手を入れてローダウン化されているため、足着き性は良好。

それでもロードスポーツモデルベースに比べると長いサスペンションストロークが確保されていて、オンロードでもフワリと優しい乗り心地。24馬力のエンジンは高回転まで力強く回り、高速クルージングも難なくこなす。

画像: YAMAHA TOURING SEROW エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒/249cc 最高出力:14kW(20PS)/7500rpm 最大トルク:20N・m(2.1kgf・m)/6000rpm シート高:830mm 車両重量:セローファイナルエディションの車両重量は133kg メーカー希望小売価格:税込64万4600円

YAMAHA TOURING SEROW

エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒/249cc
最高出力:14kW(20PS)/7500rpm
最大トルク:20N・m(2.1kgf・m)/6000rpm
シート高:830mm
車両重量:セローファイナルエディションの車両重量は133kg
メーカー希望小売価格:税込64万4600円

セローはオフロードをのんびりトレッキングし、滑りやすい路面では両足を着きながら踏破するというコンセプトで作られているオートバイ。

「ツーリングセロー」はその名のとおりツーリングでの実用性を考え抜いたアクセサリーを標準装備。ウインドスクリーンは小ぶりながら立ててセットされているので風防効果が高く、長時間走行の疲労を抑えてくれる。

ただし車重の軽さとブロックパターンタイヤにより、高速走行は不得意科目で、快適に安定して巡航できるのは80km/hまで。一般道メインでのルーティングをお薦めする。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.