オフロードを走る機会などあまりないかもしれないが、アドベンチャーモデルに憧れる人なら大いに気になるのがダートでの走破性。未舗装路をしっかり走破できる能力は、冒険心を大いにかき立ててくれるのだ。ホンダ・CRF250ラリー/スズキ・Vストローム250/ヤマハ・ツーリングセロー/カワサキ・ヴェルシスX250ツアラーの4台の特徴を解説しよう。

足回りの設定が物語る各車の狙いとキャラクター

ダートでの走破性を決定付けるのはタイヤ、サスペンション、最低地上高、車重の順だ。

画像: SUZUKI V-STROM250 ABS エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒/248cc シート高:800mm 車両重量:189kg タイヤサイズ(前・後):110/80-17M/C 57H・140/70-17M/C 66H 最低地上高:160mm メーカー希望小売価格:税込61万3800円

SUZUKI V-STROM250 ABS

エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒/248cc
シート高:800mm
車両重量:189kg
タイヤサイズ(前・後):110/80-17M/C 57H・140/70-17M/C 66H
最低地上高:160mm
メーカー希望小売価格:税込61万3800円

構成的には完全にロードスポーツモデルで、履いているタイヤもロードパターンのVストローム250をダートで走らせるのは酷というもの。固く締まった林道やフラットダートを慎重に進む、という程度なら大丈夫だが、ガレ場や泥道には入り込まない方が無難。

最低地上高も低めなので、大きなギャップを超える際にはエキパイ下側を打たないように注意しよう。

画像: Kawasaki VERSYS-X 250 TOURER エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒/248cc シート高:815mm 車両重量:175kg タイヤサイズ(前・後):100/90-19M/C 57S・130/80-17M/C 65S 最低地上高:180mm メーカー希望小売価格:税込64万1300円

Kawasaki VERSYS-X 250 TOURER

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒/248cc
シート高:815mm
車両重量:175kg
タイヤサイズ(前・後):100/90-19M/C 57S・130/80-17M/C 65S
最低地上高:180mm
メーカー希望小売価格:税込64万1300円

ヴェルシスX250ツアラーもロードスポーツベースだが、フロントホイールが19インチに大径化され、前後スポークホイールにセミブロックタイヤを組み合わせているのでダートの走破性はVストロームよりもかなり高く、フラットダートならルックスから想像する以上のハイペースで走れる。

とはいえ、ぬかるんだ場所ではタイヤの溝が泥で埋まってしまうし、183kgの車重と815mmというシート高で道幅の狭い林道や足元の悪い場所ではUターンも厳しいから、自ら進んでダートに入っていくことはお薦めできない。

画像: Honda CRF250 RALLY エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒/249cc シート高:895mm(Type LDは830mm) 車両重量:157kg(Type LDは156kg) タイヤサイズ(前・後):3.00-21 51P・120/80-18M/C 62P 最低地上高:270mm(Type LDは205kg) メーカー希望小売価格:税込71万5000円

Honda CRF250 RALLY

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒/249cc
シート高:895mm(Type LDは830mm)
車両重量:157kg(Type LDは156kg)
タイヤサイズ(前・後):3.00-21 51P・120/80-18M/C 62P
最低地上高:270mm(Type LDは205kg)
メーカー希望小売価格:税込71万5000円

CRF250ラリーはフロント21、リア18インチのフルサイズホイールにブロックパターンタイヤ、有効ストロークの長いサスペンションで、荒れた路面をハイペースで駆け抜ける走りが得意。ピックアップのいいエンジンでリアタイヤをスライドさせる走りにも応えてくれる。

ローダウン仕様車でもシート高は830mm(スタンダードは895mm)あるが、ライダー乗車時のサスペンション沈み込み量が大きいのでオフロード車ベースとして見れば足着き性は悪くない。高速道路で一気に山間部まで移動してから林道ツーリングを楽しむ、といった使い方ならベストチョイスだ。

画像: YAMAHA TOURING SEROW エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒/249cc シート高:830mm 車両重量:セローファイナルエディションの車両重量は133kg タイヤサイズ(前・後):2.75-21 45P・120/80-18M/C 62P 最低地上高:285mm メーカー希望小売価格:税込64万4600円

YAMAHA TOURING SEROW

エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒/249cc
シート高:830mm
車両重量:セローファイナルエディションの車両重量は133kg
タイヤサイズ(前・後):2.75-21 45P・120/80-18M/C 62P
最低地上高:285mm
メーカー希望小売価格:税込64万4600円

トライアルセクションに近いハードな状況ならツーリングセローの独壇場。低回転で粘り強いエンジン特性に加えて1速のギア比が低く、早歩き程度の速度から力強く進んでいく。133kgの軽量な車体と足着き性の良さで、大きな石がゴロゴロしているガレ場や、ヌタヌタの泥道も両足をペタペタと着きながら走破できる。ツーリングセローは大きなアンダーガードを装備してクランクケースを守っているし、転倒した場合も大型キャリアやヘッドライトガードを掴めるので引き起こしやすい。

ダート走行のペースではCRF250ラリーに負けるが、条件が過酷になるほどツーリングセローの優位性が増す。目的地までの高速道路移動は辛いが、アタック系の林道ツーリング、ダート初心者には心強い味方になる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.