今回はN-VANにスーパーカブ90と新型ハンターカブを積んでみますよ。
CT125もN-VANもギア感あふれる車両で、正直めっちゃ似合う。今回は、スーパーカブ90がだいぶ脇役です。

前回のおさらい。

前回はダイハツのハイゼットにスーパーカブ90とCT125を積んでみましたが、さすが軽トラ。余裕でしたね。コンパクトカーのフリードスパイクだとCT125が厳しかったけど、スーパーカブは割とどうとでも載せれました。
今回はその中間とでもいうべき、軽バンのN-VAN。

車両提供は、ホンダドリーム名古屋守山さん

今回検証に使ったN-VANとハンターカブ(マットフレスコブラウン)は、愛知県のホンダドリーム名古屋守山さんに協力いただきました。

ハンターカブや、天気の子モデルのコーナーもあるなど、カブ愛にあふれるドリーム店ですよ。試乗車も豊富で、現行カブシリーズは、全車種試乗可能というのが何気にすごい(要予約)。
もちろんドリーム店なので、大型バイクやホンダグッズなど、あらゆるものが揃うぞ。

画像: 人気のN-VANに、人気のハンターカブを積載するぞ! カブを車載するのだ後編〈若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ Vol.38〉

〒463-0003
愛知県名古屋市守山区下志段味字上野山1094-5
営業時間 10:00〜19:00(サービス受付時間 10:00〜18:30)
定休日 毎週 水曜日、第2火曜日
TEL 052-739-2022 FAX 052-739-2023

ホンダドリーム名古屋守山

「人生をバイクによってより豊かなものに」というポリシーのホンダドリーム店。CT125をはじめ、カブ系の販売実績も相当なもので、さらにはCT125用にサブタンク取付ステーなどのオリジナルパーツを開発・販売も行うほど。ETC付車両であれば、東名高速「守山スマートIC」で降りるのがオススメ。そこから3分ほどで到着出来る。なお、ナビで向かう場合には、住所よりも店名で検索すると間違いない。

ホンダ N-VANはこんなクルマ

カテゴリーとしては軽バン、つまり商用車なんだけど、レジャービークルとしても大人気のヒットモデル。荷室はもちろん、助手席までフラットになるので全長のあるものも余裕で積載。
荷室壁面に設けられたM6ネジ対応のユーティリティナットや、全8か所のタイダウンフックなど、使い勝手は最強クラスだ。

画像: タイダウンフックは全8か所。作りも相当しっかりしてる。 www.honda.co.jp

タイダウンフックは全8か所。作りも相当しっかりしてる。

www.honda.co.jp
画像: ユーティリティナットはこれでもかといわんばかりに設けられてる。M6のネジが切ってあるので超便利。 www.honda.co.jp

ユーティリティナットはこれでもかといわんばかりに設けられてる。M6のネジが切ってあるので超便利。

www.honda.co.jp

で、気になる荷台寸法だけど、ちょっと圧倒的ですね。

N-VAN(ハイルーフ)
荷台高/525mm 荷室高/1365mm(ゲート開口部1300mm) 荷室長/2635mm(助手席収納時)

特に、助手席ダイブダウンによる荷室長2635mmってのが途方もない。荷台高さが525mmと非常に低いのもポイントが高い。数字見ただけで、スーパーカブを積むことに関しては、最強ってわかっちゃう。でももちろんちゃんとランプ(ラダーレール)を3種類、試してみるよ。

N-VANにハンターカブとスーパーカブ90を載せるのだ。

DRCハイブリッドランプ ストレートタイプ(150cm)

画像: ハンターカブはもうアップで撮る必要もないくらい余裕。これ150cmなのにな。

ハンターカブはもうアップで撮る必要もないくらい余裕。これ150cmなのにな。

DRCハイブリッドランプ 折りたたみタイプ(180cm)

画像: ハンターカブはね、最低地上高が高いから上さえ当たらなきゃむしろ積みやすいのよね。余裕すぎて書くことなくなってきた。

ハンターカブはね、最低地上高が高いから上さえ当たらなきゃむしろ積みやすいのよね。余裕すぎて書くことなくなってきた。

DRCハイブリッドランプ 折りたたみタイプ(210cm)

画像: そうそう、積み込みモデルはホンダドリーム名古屋守山店の伊藤店長さん。バイク好きで親しみやすい人柄が魅力。あ、210cmももちろん余裕でした。

そうそう、積み込みモデルはホンダドリーム名古屋守山店の伊藤店長さん。バイク好きで親しみやすい人柄が魅力。あ、210cmももちろん余裕でした。

画像: でね、気づいてもらえたかもしれないけど、ハイルーフだとミラー付けたまま乗るのよ。軽バンが凄いのか、N-VANが凄いのか。びびるわ。

でね、気づいてもらえたかもしれないけど、ハイルーフだとミラー付けたまま乗るのよ。軽バンが凄いのか、N-VANが凄いのか。びびるわ。

若林はいつもフロント側にタイダウンを2本かけて固定するんだけど、N-VANの場合はリアに2本かけて、そのあとでフロントに1-2本かけると安定しやすいみたい。
積み込み時に確認させてもらったけど、確かに後ろ2本で相当しっかり止まってた。
ううむ、色々と予想をこえてる。

画像: ハイブリッドランプ折りたたみ式(180cm)が縦に収納されてる。おさまりの良さに脱帽。

ハイブリッドランプ折りたたみ式(180cm)が縦に収納されてる。おさまりの良さに脱帽。

画像: N-VANは左のBピラーがないので、開口部がめちゃんこ広い。タイダウンフックもしっかりとしたものが、良い位置に設けられてるのよね。最強だな、これ。

N-VANは左のBピラーがないので、開口部がめちゃんこ広い。タイダウンフックもしっかりとしたものが、良い位置に設けられてるのよね。最強だな、これ。

画像: 伊藤専務のオススメアイテム。車載時にサイドスタンドの下敷きがあると詰みやすいとのこと。よく見たら人気ラリーイベントのSSTRじゃないですか。参加してるんですね。

伊藤専務のオススメアイテム。車載時にサイドスタンドの下敷きがあると詰みやすいとのこと。よく見たら人気ラリーイベントのSSTRじゃないですか。参加してるんですね。

積んで出かけるとほらこんなに楽しそう。

でね、今回使ったN-VANもCT125も、実はホンダドリーム名古屋守山の伊藤専務が個人的に所有する、いわゆる私物なんですよ。試乗車とかじゃないのよ。

で、伊藤専務は、この2台をうらやましいくらい活用してるのよ。車載ツーリングのイメージそのものなんで、ちょっと写真で見てみてみて。ちなみに一番上のメイン画像も伊藤専務の写真をお借りしました。ありがとうございます。

画像: N-VANにハンターカブを積んでのキャンプの模様。それにしてもすごいシチュエーション。

N-VANにハンターカブを積んでのキャンプの模様。それにしてもすごいシチュエーション。

画像: ハンターカブ以外にもこんなにたくさん荷物積んでたんですね。収納力半端ないな。

ハンターカブ以外にもこんなにたくさん荷物積んでたんですね。収納力半端ないな。

画像: おっ、このラダーはハイブリッドランプ折りたたみ式(180cm)ですね。

おっ、このラダーはハイブリッドランプ折りたたみ式(180cm)ですね。

良い感じでしょ。車載することで行動範囲が一気に広がるし、あと体力的にも時間的にも余裕ができるのも嬉しいのよね。移動だけでヘトヘトになって、ついてすぐ寝て起きて帰宅では味気ないからね。目的地で遊ぶ体力も残せるのはポイント高い。

もちろん自走でひたすら走るのも、ロマンがあるので、やりたいことに合わせて、車も活用できると良い、そんな風に思うわけです。

次回予告

次回ですが、お茶など嗜んでみようかと。野点(のだて)ってやつですね。
あと、今回の車載記事が好評だったらスーパーカブ110とかクロスカブで試してみたい気もしなくもなく。

スーパー・カブカブ・ダイアリーの過去記事・動画

画像: スーパーカブを押しがけしてもらった。 www.youtube.com

スーパーカブを押しがけしてもらった。

www.youtube.com
画像: スーパーカブ90とプレスカブで行く。東三河林道ツーリング www.youtube.com

スーパーカブ90とプレスカブで行く。東三河林道ツーリング

www.youtube.com
画像: びじばいぱにっくでオフロードコースを走るのだ。 www.youtube.com

びじばいぱにっくでオフロードコースを走るのだ。

www.youtube.com
画像: 【S.C.D.】一分でわかる新城ツーリング www.youtube.com

【S.C.D.】一分でわかる新城ツーリング

www.youtube.com

若林浩志/プロフィール

愛知の地方カメラマン。1973年生まれ。撮影は、バイクと料理とブツ撮りが好き。
所有バイクは、ホンダ・スーパーカブ90とヤマハ・TDR250。平成終盤にキャンプに目覚め、ネットで用品を買いまくる毎日。
趣味はamazonレビュワーランキング上げ。最近はメルカリにハマっています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.