道行く人を思わず振り返らせる、個性みなぎるフォルムが特徴のSYM製スクーター、DRG BT。コンパクトなボディとパワフルなエンジンの組み合わせで、このクラスでは異次元のパフォーマンスを実現。まずはどんな走りをするのか注目だ!

SYM「DRG BT」ライディングポジション・足つき性

シート高:803mm
ライダーの身長・体重:163cm・42kg

画像: SYM「DRG BT」ライディングポジション・足つき性

シート前後方向の着座位置、足を置く場所ともに自由度が高く、大柄なライダーでも窮屈さは感じない。シート高は803mmと高めで、身長160cm以下だと片足が浮くが、停車時はシート前寄りに腰をずらせばカバーできる。

SYM「DRG BT」タンデム(2人乗り)チェック

文:木川田ステラ

画像: SYM「DRG BT」タンデム(2人乗り)チェック

ライダーとの距離は近いものの、一段上のシートで視界は良く、肉厚シートで振動も少なく、快適です。ステップの位置がちょうどよく、ヒザもラクでリラックスできますし、ニーグリップも深めにでき、ライダーにしっかりつかまることもできます。

グラブバーも長さがあるのでつかむ位置の自由度が高く、クイックに走る時も、のんびりクルーズしている時でも、体ををしっかり安定させることができて、安心感も高いです。

SYM「DRG BT」女性ライダー・インプレ(木川田ステラ)

画像: SYM「DRG BT」女性ライダー・インプレ(木川田ステラ)

フィット感抜群のシート、姿勢よく乗れる絶妙な位置と形状のハンドルのおかげで、ワクワクするような走りを楽しめました!

エンジンはとってもスムーズで振動も少ないからゆっくり走っても心地いいし、アクセルを大きく開けて飛ばしても楽しいです。

ブレーキの効きも強力で、コンパクトな車体で取り回しにも優れているから、小回りも利いて便利。ちょっと近未来的なデザインもユニークでいいと思います!

SYM「DRG BT」各部装備・ディテール解説

独特な配置のLEDヘッドライトが醸し出す表情は独創的。日本のメーカーにはないデザインが大きな魅力だ。

ナンバーステーをスイングアームマウントとしてセパレート配置することでスッキリしたリアビューを実現している。

画像: タイヤは前後13インチ。ブレーキは260mm径ローターを採用し、スポーティな走りに見合った強力なストッピングパワーを実現。

タイヤは前後13インチ。ブレーキは260mm径ローターを採用し、スポーティな走りに見合った強力なストッピングパワーを実現。

画像: リアショックはスクーターとしては珍しいセンターマウント方式。バンク角も42度と深く、高レベルのスポーツ性能を達成している。

リアショックはスクーターとしては珍しいセンターマウント方式。バンク角も42度と深く、高レベルのスポーツ性能を達成している。

画像: 水冷OHCシングルの158ccユニットは14.85PSを発揮。滑らかな吹け上がりも魅力だが、42.4km/Lという省燃費ぶりも光る。

水冷OHCシングルの158ccユニットは14.85PSを発揮。滑らかな吹け上がりも魅力だが、42.4km/Lという省燃費ぶりも光る。

画像: 肉厚でホールド性に優れるシートはスポーツランも余裕。グラブバーは大型のものを左右に装備している。

肉厚でホールド性に優れるシートはスポーツランも余裕。グラブバーは大型のものを左右に装備している。

画像: ヘルメットを収納してもまだ余裕のあるトランクスペース。コンパクトな車格を考えれば、実用性も非常に高いレベルにある。

ヘルメットを収納してもまだ余裕のあるトランクスペース。コンパクトな車格を考えれば、実用性も非常に高いレベルにある。

画像: カラフルで美しいLCDデジタルメーター。変則的な5角形デザインが個性を主張するが、視認性は非常に高い。

カラフルで美しいLCDデジタルメーター。変則的な5角形デザインが個性を主張するが、視認性は非常に高い。

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.