愛媛県では「愛媛国際映画祭」(このイベントはコロナウイルスの影響で延期)関連事業として、
感動のエピソードを原作とした映像作品コンテストを昨年に続き実施する。「愛顔感動ものがたり」に愛顔あふれる感動のエピソードとして、応募のあった作品を映像化した5分以内のショートフィルムを2020年12月25日(金)必着で募集中だ。

「愛の顔」と書いて「えがお」。人と人との助け合い、支え合いの根底にある「愛」と、困難にくじけることなく挑戦し、道が開けた時にこぼれる「笑顔」が結ばれて生まれた言葉「愛(え)顔(がお)」。愛媛県は「愛(え)顔(がお)あふれる愛媛県」を目指し、2014年度より「愛顔感動ものがたり」を実施しています。この「愛顔感動ものがたり」の昨年度受賞作品の9作品のうち、いずれか1作品を原作とした5分以内のショートフィルムを募集する。

映像作品の応募規格

1.動画ファイル形式とフレームサイズは以下のものにすること。
・ファイル形式 .mp4 .mov
・フレームサイズ 1920 × 1080 30fps
2.映像本編の最初と最後がわかるよう、スタート時及び終了時に白背景などを追加する。

審査にあたって重視する項目

1.映像制作への意欲や工夫が感じられる作品か
2.映像を見た人に愛顔と感動を伝えることのできる作品か
3.原作エピソードの思いが汲み取られた作品か

賞の選考方法及び賞金

ショートフィルムは1人何点でも応募可能。プロ、アマチュア、個人、グループ、年齢、国籍は問わない。グランプリ賞金50万円、準グランプリ賞金30万円、優秀賞賞金10万円などの賞がある。審査委員の選考によりグランプリ等を決定し、愛顔感動ものがたり表彰式イベント(令和3年2月下旬、松山市内予定)の中で受賞式を行う。

審査委員

審査委員長 桝井 省志(映画プロデューサー)
審査委員 冨永 昌敬(映画監督)、森 幸一郎(ヒメブタの会代表)、
     杉作J太郎(俳優、漫画家、映画監督)

問い合わせ先

愛媛国際映画祭実行委員会事務局(愛媛県文化振興課内)
TEL 089-947-5581
FAX 089-913-2617
eメールは info@eiff-jp.net

応募などの詳細については以下を参照。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.