キヤノンはフルサイズミラーレスカメラのEOS R5、EOS R6のRF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMの手ブレ補正対応や、EOS R6の動画撮影時の温度検知および撮影可能時間制御の改善新ファームウエアを公開した。

対象機種はフルサイズミラーレスカメラEOS R5およびEOS R6で、ファームウエアのバージョンはEOS R5、EOS R6ともにVersion 1.1.1。
新ファームウエアの変更内容は下記のとおり

EOS R5

 1. RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 装着時、レンズの光学式手ブレ補正機構と協調制御することで、6.0段分の手ブレ補正効果を実現。
 2. RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM装着時、ファームウェアVersion1.1.0を搭載したEOS R5では連写時の手ブレ補正性能が低下することがあり、その現象を修正。

EOS R6

 1. 映像をカメラの画面に表示しながら、HDMI出力による映像表示を行う設定時に、[温度上昇緩和:入]が設定できるようになった。
 2. RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 装着時、レンズの光学式手ブレ補正機構と協調制御することで、6.0段分の手ブレ補正効果を実現。
 3. RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 装着時、ファームウェアVersion1.1.0を搭載したEOS R6では連写時の手ブレ補正性能が低下することがあり、その現象を修正。
 4. 一部のRFレンズを使用した動画撮影におけるレンズ内手ブレ補正の制御を改善。
 5. 表示言語「英語」設定時:「スローシンクロ」の設定画面における情報表示の修正。
 6. FTP転送時の接続性を改善。
 7. 動画撮影において、温度検知及び撮影可能時間制御の改善を図り、これにより常温環境下で短い時間の撮影と電源OFFを繰り返した際の撮影可能時間の改善。
 8.「日付/時刻/エリア」設定をしていないと、動画撮影可能時間が正しく表示されない現象を修正。

画像: EOS R6

EOS R6

画像: RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

新ファームウエアURL

EOS R5用ファームウェア

EOS R6用ファームウェア

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.