2020年8月29、30日に宮城県のスポーツランドSUGO・インターナショナルモトクロスコースで開催された全日本モトクロスの開幕戦。どこで観戦したら良いの? モトクロスは観に行ったことがないんだけど…そんな声にお応えする観戦術を、オートバイ女子部の梅本まどかがお届けします!

バイクで来場した人には、特別席もありました!

あと、観客席ではないのですが「ライダースカフェ」というのがターン7前のジャンプの所にあるのですが、ここはバイクで来たお客さんには無料のドリンクサービスが利用でき、椅子に座ってテントの下で観戦することが出来ちゃうんです!

画像: ここがライダースカフェです。

ここがライダースカフェです。

タンデム同伴の方も無料で利用でき、バイク以外で来たお客さんは500円で利用できるそうです!

画像: 日影なので自撮りも影なく、綺麗に撮れます!笑

日影なので自撮りも影なく、綺麗に撮れます!笑

冷たいドリンクが飲めて日影で座って、ジャンプが間近で観られるので、炎天下で疲れた時や身体を休めながら観たい時に利用できるのがいいですよね。

レース観戦は、思っている以上に体力を奪われてしまいます。
小まめな水分補給や日差し対策など、自分の体調としっかり向き合いながら観戦を楽しまないと熱中症で倒れたりする危険もあるので、こういう場所があると楽しみながら休憩できるのでホントにいいなって思いました♪

画像: こんな注意看板も沢山出ていました!

こんな注意看板も沢山出ていました!

このライダースカフェからターン7に向かう途中からは、ちょっと足元が悪くなるので、足にも優しい靴で行くのがオススメ☆

雨予報だと長靴がいいとパンフレットには書いてありましたが、歩きやすい靴に雨用のカバーをかけたりと対策するのもありかなと考えちゃいました!

画像: これがちょっと路面の悪い道です。

これがちょっと路面の悪い道です。

ちなみに私はスニーカーに熱中症対策で薄手の羽織りを着てフードを被り、日差しから直接日光が当たらないようにしていましたよ♪

画像: こんな格好で観戦しています!

こんな格好で観戦しています!

少し話しがそれてしまいましたが、こんな感じでコースを1周回り、どこで決勝を観ようか考えたのですが、正直どこも良すぎて、選ぶのがホントに難しい、、、。
実際に観ても、ポイントを絞るのは難しくて「どのクラスのどのレースをどこで観るか」かなり悩みました。

ジャンプも見たいけど、大坂も見たいし、フィニッシュもスタートも、、、。

モトクロスはどれも観たくなる要素がホントに多いんだなと実感しました!

コース図を改めて見て悩んでいると「あれ?1カ所まわれていないスタンドがある!」と気づきました。

それは"大坂スタンド"。
1周コース周ったのに行けないなんて、どうやって行くんだ?!と思いもう1回ルートを確認しながら歩いてみると、、、ありました!!!!!

レースとレースの合間にしか通ることの出来ない、特別ルートでしか行けないスタンドでした!!

画像: 通路ではない、この青い矢印の場所を歩き進むと着きます!

通路ではない、この青い矢印の場所を歩き進むと着きます!

画像: このテープを超えて行きます!奥に見えるスタンドが大坂スタンドです。

このテープを超えて行きます!奥に見えるスタンドが大坂スタンドです。

歩いている人を見つけてついて行ってみたら到着する事ができました!

前に名阪の時も同じようにレースとレースの合間にしか通れない、コースを横断しないと行くことができない観戦ポイントがあったのを思い出したのですが、これはモトクロスあるあるなのかな?!

名阪の時はこのポイントが凄く見やすかったので期待をしながら進んでみると、、、

「ここだ!」と今まで悩んでいたのが嘘なくらい、コース全体を一望でき、とてもいい場所だったのです!

画像: スタンドはこんな感じです。

スタンドはこんな感じです。

高い場所にあるのでスタートも小さくだけど見えるし、フィニッシュもしっかり見えます!

KYBジャンプも遠いですが見ることができました。唯一ヨーロピアンセクションが見えないかな。

他は場所によってですが、ほぼ見えちゃいます!!!!

右手には大坂、左手にはテクニカルセクション。いろいろ見られて、決勝を観るには最高の場所でした!

このスタンドの中でも右側に座るか、左側に座るかで観える光景がガラリと変わるのでちょっと難しいですが、迷惑にならない程度に動きながら観るのもありかな?!と思い、応援してるライダーを追いながら観たり、座って観たりいろいろしてみました。

画像: 大坂を登る姿も観られちゃいます!

大坂を登る姿も観られちゃいます!

画像: 右側に座ると観える景色。

右側に座ると観える景色。

画像: 大坂を登りきったところをイン側から観られます。 これはウォームアップ走行です!

大坂を登りきったところをイン側から観られます。
これはウォームアップ走行です!

画像: 左側の席から観るとテクニカルセクションが観られます。 これもウォームアップ走行。

左側の席から観るとテクニカルセクションが観られます。
これもウォームアップ走行。

いろいろ観た結果、1番好きなポイントはYAMALUBEスタンド隣の、下りの中坂からゴール過ぎてターン1までの流れでした。

画像: 下りの中坂です。

下りの中坂です。

登りもかっこいいのですが、私は下りを正面から観るのが好きみたいで、気づいたらこの場所を見ていて、ジャンプしながら下るライダーのかっこ良さの虜になっていました。

このポイントもあるからか、この大坂スタンドが1番のお気に入りポイントになったし、ホントに見渡せるのでオススメ!
ですが、レース中に動けないので、トイレや飲み物などを買いに行ったりできないので、しっかり準備してから移動しないといけません。

あと、このポイントでは予選日だけですが、傘をさして観ている人がいて、暑さにも、砂除けにもよくて「なるほど!」と勉強になりました。

画像: ダンロップの傘をさしながら観戦していましたよ!

ダンロップの傘をさしながら観戦していましたよ!

ホントに見所の多いSUGOインターナショナルモトクロスコース。1番のお気に入りポイントは「大坂スタンド」でしたが、ホントにいい観戦ポイントが沢山あるので、歩きながら観たり、時には立ち止まって観たり、座ってみたり、いろんな観戦方法をMIXさせて観るのが1番いいのかなと思いました!

実はこのコース、昔は世界戦が行なわれていたそうなんです。凄く納得!!
モトクロスコースの中でも広くて、見所の多い場所みたいです。

それは悩む訳ですね。笑

こんな観戦の仕方、こんなに観戦ポイントで悩んだのは初めてだったのですが、それくらい魅力満点なコースでした!

画像: パンフレットとパシャリ。

パンフレットとパシャリ。

P.S レース観戦した内容はまた別の記事で♪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.