2020年9月10日(木)のTOHOシネマズ 立川立飛オープンを記念し「クリストファー・ノーラン映画祭」が開催される。

劇場コンセプトである「映画は鑑賞から体感へ。」

クリストファー・ノーランは「ダークナイト ライジング」以降の話題作をIMAX®で提供している監督。最新作「TENET テネット」(9月18日(金)公開)もIMAX®の上映が決定しており、本作の公開を記念して「ダークナイト」「インセプション」等を一挙に体感できる「クリストファー・ノーラン映画祭@IMAX®」を開催することが決まった。劇場コンセプトである「映画は鑑賞から体感へ。」を実現するIMAX®で、CGを極力使わず本物に拘り続ける<クリストファー・ノーラン>の世界観を、TOHOシネマズ立川立飛で“体感”してみたい。

『クリストファー・ノーラン映画祭@IMAX®』

上映期間:9月10日(木)~9月17日(木)
上映劇場:TOHOシネマズ 立川立飛(9月10日(木)オープン)
上映作品: 「ダークナイト」「インセプション」「インターステラー」「ダンケルク」
特別料金:一般・シニア・大学・専門学校生 1,600円
高校生以下、障がい者割引 1,500円  ※IMAX料金込み
販売:インターネットチケット販売:上映日2日前の0時より ※シネマイレージ会員は3日前の21時より        
劇場窓口:上映日2日前の0時より ※9月10日(木)のオープン以降

クリストファー・ノーラン ×IMAX®

IMAX®とは、「映像」「高精度な音響」「IMAX®カメラ」「カスタマイズされたシアター設計」、そしてIMAX®が特許を持つ独自の映像処理技術「IMAX®DMR」という5つの要素で最高水準まで高められた次世代のプレミアムシアターのこと。
IMAX®シアターなら“本物”に拘るクリストファー・ノーラン監督の世界観をより忠実に再現。さらに、通常スクリーンでは映しきれないIMAX®フィルムカメラで撮影された本編中のシークエンスも、IMAX®であればスクリーン全体に表現することが可能。

アクセス
〒190-0015東京都立川市泉町935番地の1 TOHOシネマズ 立川立飛
JR「立川」駅より多摩モノレール「立川北」駅へ乗り換え2駅4分、 「立飛」駅前

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.