今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「プジョー 206CC」だ。

プジョー 206CC(2001年)

画像: コンセプトカーの「20ハート」からほとんど変わっていないスタイリング。いかにもキュートなオープンカーそのもの。

コンセプトカーの「20ハート」からほとんど変わっていないスタイリング。いかにもキュートなオープンカーそのもの。

オープンカーは楽しいけれど、クーペの快適性も捨てがたい。それに雨の多い日本という国の気候を考えると、オープンカー好きでも手放しでオープンカーを選ぶというわけには、なかなかいかないだろう。開放感を味わいたいときはオープンで、悪天候や落ち着きたいときにはクーペに乗るという2台持ちが理想という人は、けっこう多いはずだ。

そんなゼイタクな希望を叶えてくれるクルマ、プジョー 206CCが登場した。CCとは「クーペ・カブリオレ」の略で、まさしくクーペとカブリオレの両方の性格を併せ持つクルマだ。1999年に発表されたコンセプトカーでは「20ハート」という名称だったが、正式名称は206CCとなった。

ハッチバックの206をベースに、リアのラゲッジスペースに折りたたみ式のメタルルーフを収納する。ルーフの開閉は電動油圧による制御で、操作はボタンひとつだから快適なことこの上ない。じつはプジョーは1934年に402エクリプスというモデルでクーペカブリオレの提案をしており、プジョーらしいユニークな発想と最新の電子制御技術が、これを現代に甦らせたともいえるだろう。

さて、ハッチバックもキュートなスタイルだったが、クーペカブリオレ化された206CCのスタイルも、なかなか可愛らしい。それも、オープンでもクローズドのクーペでも、流麗さとキュート感が兼ね備わっているのがいい。日本でも発表されるやいなや人気沸騰で、かなりバックオーダーを抱えているらしい。

画像: オープン時に外から見られることを意識したようなポップなインテリア。アルミや本革を多用してスポーティ感も高めている。

オープン時に外から見られることを意識したようなポップなインテリア。アルミや本革を多用してスポーティ感も高めている。

インパネまわりは基本的にはハッチバックと変わらず、フロントシートはオープンでもクローズドでも快適だが、2人掛けとされているリアシートはシートバックは立ち気味でスペースも狭く、エマージェンシー用か荷物置き場として考えたほうが賢明だろう。ちなみに、チャイルドシートの装着も不可能に近い。

搭載されるパワーユニットは、[ハッチバックと同じ最高出力108psと最大トルク15.0kgmを発生する1.6LのDOHC。トランスミッションは4速ATのみの組み合わせとなる。複雑な開閉機構とメタルルーフ、それにボディ剛性を確保するための補強もあって車両重量は1210kgとハッチバックよりも100kgほど重くなってはいるが、プジョーらしい元気の良いエンジンは、十分にスポーティな走りも楽しませてくれる。

オープンにしていても、サイドウインドーを上げておけばキャビンへ流れ込む風は抑えられ、パッセンジャーのヘアスタイルはトップがわずかに乱れる程度だ。風を感じたければウインドーを全開にすればいい。荒れた路面では、剛性の低下によるボディの揺れは感じられるし、操舵感もハッチバックよりは少しおっとりした傾向があるが、それは仕方ないだろう。

メルセデス・ベンツ SLKが登場して以来、メタルハードトップによるクーペカブリオレは世界的に人気を集めている。300万円を切るという戦略的なプライスも魅力だし、この206CCの登場で、日本でもクーペカブリオレのブームにさらに拍車がかかることは間違いなさそうだ。

画像: オープン時のリアスタイル。トランクリッドのプレスラインやルーフレール風(?)のアクセントバーなどもユニークだった。

オープン時のリアスタイル。トランクリッドのプレスラインやルーフレール風(?)のアクセントバーなどもユニークだった。

■プジョー 206CC 主要諸元

●全長×全幅×全高:3810×1675×1380mm
●ホイールベース:2440mm
●車両重量:1210kg
●エンジン形式:直4・DOHC・横置きFF
●排気量:1587cc
●最高出力:80kW(108ps)/5800rpm
●最大トルク:147Nm(15.0kgm)/4000rpm
●トランスミッション:4速AT
●タイヤ:195/55R15
●車両価格(当時):292万9500円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.