昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞をW受賞したフランス映画『PORTRAIT OF A LADY ON FIRE』(英題)が、邦題『燃ゆる女の肖像』として2020年12/4(金)より全国順次公開されることが決定。あわせて予告編も解禁された。
画像: 【公式】映画『燃ゆる女の肖像』本予告 12/4公開 youtu.be

【公式】映画『燃ゆる女の肖像』本予告 12/4公開

youtu.be

グザヴィエ・ドラン「こんなにも繊細な作品は観たことがない」

本作は、ハリウッドのトップ女優のひとりであるシャーリーズ・セロンが「この映画を本当に愛している」と絶賛し、アカデミー賞女優ブリー・ラーソンは“後世に残したい作品”に本作を挙げ、天才監督グザヴィエ・ドランを「こんなにも繊細な作品は観たことがない」と夢中にさせるなど、今を煌めく映画人を次々に虜にしている話題作。

カンヌでは脚本賞を受賞し、ゴールデン・グローブ賞と英国アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたほか、世界の映画賞で44もの賞を受賞。ヨーロッパでのヒットに続き、アメリカでも過去公開された外国語映画の歴代トップ20入りを果たす大ヒットとなった。

さらに、テイラー・スウィフトの最新アルバム「Folklore」のアートワークが本作の影響を受けているのではないかという推測がSNSでしきりに飛び交うなど、本作に魅せられているのは映画人に留まらない。

メディアからも「驚くほど美しい、最高傑作!」(TheObserver)、「とにかく素晴らしいこの映画を見逃してはならない」(Pajiba)、「いつまでも 記憶に残る、愛と追憶のストーリー」(IndieWire)、「強烈で生き生きとした油絵のような映画」(Screen International)等、各誌で称賛されたほか、アメリカのWEBメディアIndieWireの“世界の批評家304人による2019年ベストフィルム”第5位に選出された。

アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは98%フレッシュ(8/28時点)をたたき出している。そんな世界が絶賛を惜しまない必見の一作が、日本でもついにベールを脱ぐ。

画像: グザヴィエ・ドラン「こんなにも繊細な作品は観たことがない」

物語の舞台は18世紀、フランス、ブルターニュの孤島。画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を頼まれる。だが、エロイーズ自身は結婚を拒んでいた。

身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。

キャンバスをはさんで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合ううちに、恋におちる二人。約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していた──。

監督は本作で長編映画5作目ながらにして輝かしい受賞歴を誇るセリーヌ・シアマ。マリアンヌには本作でセザール賞にノミネートされたノエミ・メルラン。エロイーズにはシアマ監督の元パートナーで、セザール賞2度受賞のアデル・エネル。

フランスで今最も熱い称賛をまとう女優ふたりが織りなす、そのひとの眼差しを、唇を、微笑みを、そして別れの瞬間の姿を思い出すだけで、息が止まるほど愛おしく切なく、蘇る情熱が命を満たす――そんな鮮烈な恋の、決して消えることのない燃ゆる炎を描く、一生忘れ得ぬ愛の物語が誕生した。

燃ゆる女の肖像
2020年12/4(金) TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ 他全国順次公開
配給:ギャガ
©Lilies Films.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.