富士フイルムは「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、世界初で現状では唯一となる開放F値1.0の明るさを実現し、AF機能を搭載した「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」を2020年9月24日に発売する。メーカー希望小売価格(税別)は20万円。
画像: 富士フイルムは「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」発表。
発売は2020年9月24日(木)。

XF50mmF1.0 R WRの特長

「XF50mmF1.0 R WR」は50mm(35mm判換算:76mm相当)の焦点距離を備えた大口径中望遠単焦点レンズ。開放F値1.0の明るさを活かし、なめらかで美しいボケ味を実現。高性能なAF(オートフォーカス)により素早く正確にピントを合わせることもできるため、被写体を際立たせたハイクオリティなポートレート撮影などに適している。なお「XF50mmF1.0 R WR」は「Xシリーズ」用交換レンズの35本目となる。

本レンズはマニュアルフォーカスの操作性を改善し、従来比8倍のマニュアルフォーカスリング分解能を実現している。また高精度AF機構は、GMRセンサーによる高精度なレンズ位置検出とカムのガタ取り機構を採用し、フォーカスレンズの停止位置精度を向上させている。

F1.0でAFを実現するため、リアフォーカス方式でフォーカスレンズを軽量化。F1.2に絞ると解像性能はXF56mmF1.2と同等レベルになり、F2まで絞るとXF90mmF2のように画面周辺まで口径食の少ない丸いボケが得られる。

本レンズは11カ所にシーリングを施した防塵・防滴構造でかつ耐低温(-10℃)設計なので、屋外での過酷な使用にも耐えうる。

製品発表会における写真家・高桑正義氏のコメント

「アベイラブルライト下の屋内外でモデル撮影をして本レンズをテストしました。開放F1.0での使用はその被写界深度の浅さ、ボケの美しさ、その表現力は独自のものですね。また暗い撮影場所でも使えるのは頼もしい。ポートレート撮影には最高のレンズだと思いますが、最短撮影距離が0.7mということでスナップにも使える守備範囲の広さもあります」。

XF50mmF1.0 R WRの主な仕様

●レンズ構成:9群12枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)
●焦点距離:50mm(35mm判換算で76mm相当の画角)
●画角:31.7°
●最大口径比(開放絞り):F1.0
●最小絞り:F16
●絞り羽根:9枚(円形絞り)、ステップ段数は1/3ステップ(全25段)
●最短撮影距離:0.7m
●最大撮影倍率:0.08倍
●外径寸法(最大径×長さ):Φ87×103.5mm(先端よりマウント基準面まで)
●質量(レンズキャップ・フード含まず):約845g
●フィルターサイズ:Φ77mm

富士フイルムXシリーズレンズのロードマップ

画像: 富士フイルムXシリーズレンズのロードマップ

詳細については以下を参照

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.