2020年8月31日、BMW(ビー・エム・ダブリュー)は、MINI クーパー5ドアをベースにした限定車「MINI 5ドア ローズウッド・エディション(Rosewood Edition)」を発表、全国の正規ディーラーで販売を開始した。限定台数は200台、納車は2020年秋以降を予定している。

派手過ぎないが贅沢な大人の装いが魅力

今回登場した限定車「MINI 5ドア ローズウッドエディション」は、MINI クーパー5ドアをベースに、MINI 5ドアでは日本初導入となるインディアンサマーレッドメタリックを外装色として纏い、ブラックのルーフ、ミラーキャップ、ホイールをアクセントにして、派手過ぎない大人の装いを表現したモデル。

インテリアでは、クロス製ブラックパール、レザレット製カーボンブラックをあしらって、味わい深い上品な装いとしている。

また、高いデザイン性に加えて安全装備も充実。前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、視認性を高めるLEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプを装備する。また、ナビゲーションシステムは、タッチパネル機能と共に、手元でも操作可能なMINIコントローラーを装備し、リアビューカメラ、PDC(パークディスタンスコントロール)リアなどを特別装備している。

車両価格は399万円で、限定台数は200台。全車右ハンドルとなる。

画像: ボディカラーは「特別な赤」、インディアンサマーレッドメタリック。ベースはMINI クーパー5ドア。

ボディカラーは「特別な赤」、インディアンサマーレッドメタリック。ベースはMINI クーパー5ドア。

MINI 5ドア ローズウッドエディション の主な装備内容

ボディーカラー: インディアンサマーレッドメタリック
ブラックルーフ&ミラーキャップ
16インチアルミホイール(ビクトリー スポーク ブラック)
LEDヘッドライト
3Dプリンター製専用サイドスカットル(特別装備)
3Dプリンター製専用インテリアサーフェス(特別装備)
クロス/レザレットシート ブラックパール (特別装備)
MINIエキサイトメントパッケージ
ストレージコンパートメントパッケージ
スポーツレザーステアリング
マルチファンクションステアリング
リアビューカメラ
PDC(パークディスタンスコントロール)リア
ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
ナビゲーションシステム
8.8インチワイド・カラーディスプレイ
MINI Connected
MINI Connectedアプリ、リモートサービス、MINIオンライン
ITSスポット対応ETC車載器システム自動防眩ルームミラー

MINI 5ドア ローズウッドエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4000×1725×1445mm
●ホイールベース:2565mm
●車重:1260kg
●エンジン形式:直3DOHCターボ
●排気量:1498cc
●最高出力:102ps/3900rpm
●最大トルク:190Nm/1380-3600rpm
●トランスミッション:7速DCT
●車両価格:399万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.