2020年8月26日、FCAジャパンはコンパクトSUVであるジープ レネゲードの特別仕様車「スレートブルー(Renegade Slate Blue)」を発表。同年9月5日に100台限定で発売する。車両価格は369万円。

人気のボディカラー「スレートブルー」を採用

ジープ レネゲードは、丸型のヘッドライトと7連スロットのフロントグリルを組み合わせた愛嬌のある顔立ち、さらに全長4255/全幅1805mmと日本の道路環境に適したサイズ感を持つブランド最小サイズのSUVである。

このレネゲードに100台限定の特別仕様車「レネゲード スレートブルー」が設定され、9月5日に369万円で発売される。

ベースグレードとなるリミテッドは151ps/270Nmを発生する1.3L直4ターボを搭載して、LEDヘッドライトやレザーシート(フロント8ウェイパワーシート付)、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応する8.4インチディスプレイなどを標準装備。長距離移動によるドライバーの疲労の軽減に寄与する、アダプティブクルーズコントロールも備えている。

この限定車にはカタログモデルに設定されていないボディカラー「スレートブルーP/C」を特別採用。この色は2020年5月に発表されたレネゲードの限定車に用いられたもので、好評を得ていたという。さらに標準で17インチ(タイヤサイズは215/60R17)だったホイールは、19インチ(タイヤは235/45R19)に大型化してスタイリッシュさを増している。

画像: ジープレネゲード スレートブルーに特別装備される19インチアルミホイール。ベースとなるリミテッドは17インチ。

ジープレネゲード スレートブルーに特別装備される19インチアルミホイール。ベースとなるリミテッドは17インチ。

また購入者に手編みのハンモックチェアが用意される。キャンプのようなアウトドアシーンでの使用はもちろんだが、屋内や庭先に設置して非日常のひとときを味わうなんて使い方も楽しめる。オリジナルイラスト入りの収納バッグに折り畳み収納することもできるので、ラゲッジスペースに置いておくのも良さそうだ。

ジープ レネゲード スレートブルー 主要諸元

●全長×全幅×全高:4255×1805×1695mm
●ホイールベース:2570mm
●車両重量:1440kg
●エンジン種類:直列4気筒 ターボ
●排気量:1331cc
●最高出力:151ps/5500rpm
●最大トルク:270Nm/1850rpm
●駆動方式:FF
●トランスミッション:6速DCT
●タイヤ:235/45R19
●車両価格:369万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.