製作した長編すべてがアカデミー賞にノミネートされ、“ポスト・ジブリ”とも評されるアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」の最新作『WolfWalkers』が、邦題『ウルフウォーカー』として今秋全国公開されることが決定した。
画像: “ポスト・ジブリ”とも評される「カートゥーン・サルーン」最新作が公開

『アナと雪の女王2』で知られるノルウェーの新世代歌姫オーロラが参加

これまでもアイルランドの歴史や神話を題材に、創造性あふれる作品世界を色彩豊かな2Dアニメーションで作り上げてきた「カートゥーン・サルーン」。本作は『ブレンダンとケルズの秘密』(09)、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』(14)に続くケルト三部作の完結編となる。

“ウルフウォーカー”とは、眠ると魂が抜け出しオオカミになるという、中世からアイルランド・キルケニーで密かに伝えられてきた伝説。

ハンターを父に持つ少女ロビンは、人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある “ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになる。彼女とロビンが森で交わした約束は、図らずも父を窮地に陥れるものだった。だが少女は、勇気を持って信じる道を進もうとする。

生命への限りなくやさしいまなざしで描かれる、息をのむほどの美しい世界と不思議な物語。スタジオ史上最多のキャクターが登場し、オオカミの群れとの迫力ある闘いのシーンなどエンターテインメント性の高いファンタジー作品に仕上がった。

監督は、アカデミー賞に2度ノミネートされたトム・ムーア(『ブレンダンとケルズの秘密』、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』)と『ブレンダンとケルズの秘密』のアート・ディレクター、ロス・スチュワート。

声優は、ロビン役に『アガサ・クリスティー ねじれた家』(17)のオナー・ニーフシー、父親ビル役を「ゲーム・オブ・スローンズ」のショーン・ビーンが務める。

音楽は前2作同様ケルト音楽のバンドであるKiLA(キーラ)と新たに『アナと雪の女王2』(19)で知られるノルウェーの新世代歌姫オーロラが参加。透明感あふれる澄んだ歌声が、現実から遠く離れた世界へと観客を導く。

あわせて解禁された場面写真は、愛らしい絵柄ながらも繊細で美しく、観る者を物語の世界へ引き込むビジュアル。今回も独創的なストーリーと創造性あふれる世界観がまた楽しめることは間違いなさそうだ。

トロント国際映画祭にてプレミア上映が決定。早くもアカデミー長編アニメ映画賞最有力候補とも目されている。

ウルフウォーカー
2020年秋、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
配給:チャイルド・フィルム
© WolfWalkers 2020

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.