2020年8月25日、アウディジャパンはアッパーミドルクラスのスポーツモデル、S6、 S6 アバント、S7スポーツバックのフルモデルチェンジを発表した。新型A6/A6アバントは2019年3月に、新型A7スポーツバックは2018年9月にデビューしているが、その「Sモデル」の登場が待たれていた。注目のエンジンはダウンサイジングされた2.9L V6ツインターボを搭載。発売は少し遅れて9月15日からとなる。

洗練されたパフォーマンスを象徴するSモデル

アウディS8の登場と同時に、アウディの洗練されたパフォーマンスを象徴するSモデル、S6、 S6 アバント、S7スポーツバックがフルモデルチェンジされてデビューした。Sモデルは各シリーズにおけるスポーツグレードとして位置づけられ、ハイパワーを誇る先進のエンジンとクワトロ システムを搭載するのが流儀となっているが、新しいS6、 S6 アバント、S7スポーツバックでもその伝統は守られている。

エンジンは最高出力450ps、最大トルクは600Nmを発揮する、最新コンセプトのダウンサイジング2.9L V6ツインターボエンジンを採用。先代の420ps 4L V8ツインターボから、さらなる進化を遂げている。さらにこのV6ツインターボエンジンには48V電圧のマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)も搭載。加えて電動コンプレッサー(EPC)によりエンジンが低回転域でもターボラグのない素早い加速を可能にする先進メカニズムも備える。

シャシーには専用設定のアダプティブエアサスペンションを採用、オプションでリアスポーツディファレンシャルも用意する。駆動方式はもちろんクワトロ 4WDで、トランスミッションは8速ティプトロニックATが組み合わされる。

最新のデジタル技術やセーフティ技術も充実。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを備えたMMIタッチレスポンスインフォテイメントシステムを採用。アダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブドライビングアシスタントをはじめ、数々の先進運転支援システムも備える。まさにアウディの先進性を象徴する「Sモデル」らしい仕上がりとなっている。

車両価格はS6が1303万円、 S6 アバントが1339万円、S7スポーツバックが1374万円。ハンドル位置は左右それぞれ用意される。

画像: S6 アバント。新しいアウディのデザイン言語を体現するモデルという。

S6 アバント。新しいアウディのデザイン言語を体現するモデルという。

画像: S7スポーツバック。ハイパフォーマンスであるだけでなく、洗練された先進性がSモデルの特徴。

S7スポーツバック。ハイパフォーマンスであるだけでなく、洗練された先進性がSモデルの特徴。

アウディS6 主要諸元

●全長×全幅×全高:4955×1885×1420mm
●車両重量:1950kg
●エンジン:V6DOHCツインターボ
●排気量:2893cc
●最高出力:450ps/5700-6700rpm
●最大トルク:600Nm/1900-5000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格:1303万円

アウディS6 アバント 主要諸元

●全長×全幅×全高:4955×1885×1455mm
●車両重量:2000kg
●エンジン:V6DOHCツインターボ
●排気量:2893cc
●最高出力:450ps/5700-6700rpm
●最大トルク:600Nm/1900-5000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格:1339万円

アウディS7 スポーツバック 主要諸元

●全長×全幅×全高:4980×1910×1405mm
●車両重量:1990kg
●エンジン:V6DOHCツインターボ
●排気量:2893cc
●最高出力:450ps/5700-6700rpm
●最大トルク:600Nm/1900-5000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格:1374万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.