オリンパスはOM-Dのエントリーモデル、E-M10シリーズの4世代目となるOM-D E-M10 Mark IVを発表した。発売は2020年9月18日、価格はオープンでボディのみ9万6800円、ダブルズームキットが12万9800円(税込)。

このOM-D E-M10 Mark IVの撮像素子は、有効画素2037万画素のLive MOSセンサーで(Mark IIIは1605万画素)、強力なボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載し、補正効果は最大4.5段分。重量も383gとMark IIIよりもさらに軽くなり(Mark IIIは410g)、標準ズーム付きでも476gと500mlのペットボトルよりも軽い組み合わせとなる。
連写性能も静音連写H時で約15コマ/秒と高速連写が可能になった(通常のメカシャッターの連写Hでは約8.7コマ/秒)。
またOM-Dシリーズ初となる下開き(下に180度)の可動液晶モニターを採用し、自撮りなどタッチ操作で可能となる。
OM-D E-M10 Mark IVとスマホ用アプリのOI.Shareを使うことにより、リモート撮影や画像の取り込みなどが可能で、さらに撮影方法や撮影テクニックが学べる「フォトガイド」が用意された。ビギナー向けの基礎から段階的にスキルアップできるコンテンツを新たに追加している。

画像: OM-D E-M10 Mark IVシルバー

OM-D E-M10 Mark IVシルバー

画像: OM-D E-M10 Mark IVブラック

OM-D E-M10 Mark IVブラック

画像1: 標準ズーム付きでも500mlペットボトルより軽いミラーレス機
オリンパスOM-D E-M10 Mark IV発表
画像2: 標準ズーム付きでも500mlペットボトルより軽いミラーレス機
オリンパスOM-D E-M10 Mark IV発表
画像: 液晶モニターはOM-Dシリーズ初となる下開きが可能。

液晶モニターはOM-Dシリーズ初となる下開きが可能。

画像: スマホ用アプリのOI.Share。フォトガイドでは撮影方法や撮影テクニックが学ぶことができる。

スマホ用アプリのOI.Share。フォトガイドでは撮影方法や撮影テクニックが学ぶことができる。

オリンパスOM-D E-M10 Mark IV

●レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
●撮像素子:Live MOS センサー
●センサーサイズ:4/3型(17.4×13mm)
●有効画素数:2030万画素
●連続撮影速度:約8.7コマ/秒(静音連写H時:約15コマ/秒)
●記録媒体:SD(SDHC、SDXC)
●ISO感度:ISO200-25600
●動画:4K/FHD/HD、タイムラプス動画、ハイスピード撮影
●ファインダー:1.23倍OLEDビューファインダー(236万ドット)
●液晶モニター:3.0型チルト可動(104万ドット)タッチパネル式
●大きさ:121.7×84.6×49mm
●重さ:383g(バッテリー、メモリーカード含)
●発売:2020年9月18日
●価格:9万6800円(ボディのみ)、12万9800円(レンズキット)ともに税込

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.