2020年8月25日、アウディジャパンからA8シリーズのフラッグシップモデル「S8」が登場、全国の正規ディーラーで発売が開始された

48Vマイルドハイブリッドの4L V8ツインターボを搭載

アウディのSモデルは、力強いパフォーマンス、優れたダイナミクス性能、高い実用性を兼ね備えたアウディのスポーツモデルで、圧倒的なパワーを持つ効率のよい先進のエンジンやクワトロ フルタイム4WDシステムを搭載することで知られる。

今回新たに登場したアウディS8は、最高出力571ps/最大トルク800Nmを発揮する4L V8ツインターボエンジンに、8速ティプトロニックATを組み合わせた、最新世代A8シリーズのフラッグシップとなるスポーティモデル。駆動方式はもちろん、クワトロ フルタイム4WDとなる。

エンジンの技術的ハイライトは、マイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載したこと。これは48Vリチウムイオンバッテリーとクランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト オルタネーター スターター)を中核技術とするスタートストップシステムで、48V電圧のエナジーリカバリーシステムにより高いエネルギー回収効率を実現している。また、シリンダーオンデマンド (Cod)も搭載する。

エクステリアでは、S8専用デザインの前後バンパー、4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャー、9Jx21の5ダブルスポークアルミホイールなどで「Sモデル」であることをアピール。

インテリアにはカーボンのデコラティブパネルやバルコナレザーを用いたスポーツシートを採用、スポーティさと上質さを高い次元で両立している。

走りも洗練されていて、シャシはレーザースキャナーやカメラセンサーを使って路面の凹凸を先読みし、サスペンションストロークをアクティブ制御するプレディクティブアクティブサスペンションを搭載。また、低速域での取り回し性と高速域での操縦安定性を向上させるダイナミックオールホイールステアリング(四輪操舵)を標準装備、クワトロ フルタイム4WDにはリアスポーツディファレンシャルを組み合わせて、快適かつダイナミックな走行性能を実現している。

車両価格は2010万円。ハンドル位置は左右が用意される。

画像: S8のボディ構造はA8シリーズ同様、ASF(アウディスペースフレーム)を採用。アルミニウムをはじめ、スチール、マグネシウム、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を組み合わせる。

S8のボディ構造はA8シリーズ同様、ASF(アウディスペースフレーム)を採用。アルミニウムをはじめ、スチール、マグネシウム、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を組み合わせる。

アウディS8主要諸元

●全長×全幅×全高:5185×1945×1475mm
●ホイールベース:2998mm
●車両重量:2290kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●排気量:3996cc
●最高出力:571ps/6000rpm
●最大トルク:800Nm/2000-4500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格:2010万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.