今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「メルセデス・ベンツ CLK55 AMG」だ。

メルセデス・ベンツ CLK55 AMG(2001年)

画像: 当時のAMG車に共通なデザインのバンパースポイラーとサイドステップを装着。だが派手さや下品さはないのがいい。

当時のAMG車に共通なデザインのバンパースポイラーとサイドステップを装着。だが派手さや下品さはないのがいい。

メルセデス・ベンツのチューナーであったAMGは、1999年にダイムラー・クライスラーの傘下に収まった。そんなAMGのインポーターは、今年(編集部註:2001年)1月からダイムラー・クライスラー日本に変わった。

現在、日本に正規輸入されているAMGのラインアップの中で、もっともホットなモデルがこのCLK55 AMG(以下、CLK55と略)だろう。いまのところ、SLやCLをベースにしたAMGモデルは、日本には導入されていないからだ。先代のW202型CクラスをベースにしたクーペのCLKに5.5LのV8を詰め込んでしまうのだから、昨年から復活したDTM(ドイツ ツーリングカー選手権)に参戦しているCLKベースのマシンを彷彿とさせてしまう。

だが、そのスペックから想像されるパフォーマンスとは裏腹に、エクステリアはおとなしめだ。よく見れば前後のバンパースポイラーとサイドステップを装着し、タイヤ&ホイールも17インチを履いているのだが、遠目にはノーマルのCLKと区別がつかない。これならフォーマルにも使えるし、まわりから「スゴいクルマに乗っている」と思われたくない人には最適な1台だ。

もはや「AMG」というブランドには、かつてのような変なアグレッシブさはなくなっている。インテリアも、ウッドパネルがブラックメープルになりステアリングやメーターがAMGオリジナルとなっているが、スパルタンさは感じられない。ノーマルのメルセデスを、よりスポーティかつ上質に仕上げたというイメージだ。

画像: 他のAMGモデル同様、5.5LにアップされたV8を搭載。例によって巨大なカバーに覆われてエンジン本体はほとんど見えない。

他のAMGモデル同様、5.5LにアップされたV8を搭載。例によって巨大なカバーに覆われてエンジン本体はほとんど見えない。

ところが、走り出してオープンロードでアクセルを踏む足に力を込めると、その世界は一変する。その加速Gの凄さは、翼を付けたら離陸してしまいそうなほどだ。3バルブSOHCのままだが5.5Lに排気量アップされたV8エンジンは、低速域からトップエンドまでトルクに満ちている。ESP(エレクトロニック スタビリティ プログラム)のスイッチをOFFにすると、発進加速では前に進んでくれないほどだ。だが大パワーユニットにありがちな荒々しさはないので、オーバーパワーという感じはしない。

ノーマルのメルセデス同様、このCLK55もトランスミッションはティップシフト付きの5速ATを採用している。マニュアルモードでは右でアップシフト、左でダウンシフトとなるから、やはりティップシフトは左ハンドルの方が扱いやすい。限界領域まで攻める気はないが、これを駆使してそこそこのペースでワインディングを走ると、固められた足まわりと強化されたブレーキと相まって、けっこう楽しめる。

比較的おとなしい外観ながら、AMGのスペシャルパーツでドレスアップされ、インテリアも上質な雰囲気。そして5.5LのV8がもたらしてくれるパフォーマンスを考えると、1150万円というプライスはCLK55を買える人にはけっして高くはないといえるだろう。

画像: リアもフロント同様おとなしめだが、トランクリッドの「CLK55」とAMGのエンブレムがさりげなく主張している。

リアもフロント同様おとなしめだが、トランクリッドの「CLK55」とAMGのエンブレムがさりげなく主張している。

■メルセデス・ベンツ CLK55 AMG 主要諸元

●全長×全幅×全高:4565×1720×1375mm
●ホイールベース:2690mm
●車両重量:1570kg
●エンジン形式:V8・3バルブSOHC・FR
●排気量:5438cc
●最高出力:255kw(347ps)/5500rpm
●最大トルク:510Nm(52.0kgm)/3000ー4300rpm
●トランスミッション:電子制御5速AT(ティップシフト付き)
●タイヤ:前225/45R17、後245/40R17
●車両価格(当時):1150万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.