2020年8月23日(日本時間8月24日)、第104回インディアナポリス500マイルレースがインディアナポリスモータースピードウエイで行われ、予選3番手フロントロウからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング/ホンダ)が2度目のインディ500制覇という快挙を成し遂げた。

終盤にトップに立ち、スコット・ディクソンの猛追を抑える

佐藤琢磨の2度目のインディ500制覇は見事なレースぶりだった。

ポールポジションのマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・ハータ/ホンダ)がスタートでポジションを落とすと、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ/ホンダ)がレースをリード。佐藤琢磨は序盤は無理をせず、上位で周回を重ねる。

勝負は200周レースの150周過ぎから動き出す。このレース6度めのイエローコーションから残り46周目でリスタートされると、158周め、琢磨がディクソンを捉えてついにトップに浮上。ここから琢磨とディクソン、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング/ホンダ)の戦いになっていく。

168周め、琢磨は最後のピットへ。翌周、ディクソンとレイホールがピットイン。ディクソンは琢磨の前でコースに復帰する。

173周め、琢磨がホームストレートでディクソンをパスして再びトップに。琢磨→ディクソン→レイホールの態勢でレースはクライマックスへ。

周回遅れのマシンが立ちはだかる中、琢磨は猛追するディクソンを抑えてしっかりとトップをキープする。そして、残り5周となったところでスペンサー・ピゴットがピットレーン入り口に単独クラッシュしたことで、レースはイエローコーションとなり、そのままチェッカーフラッグを迎えることになった。

佐藤琢磨のインディ500制覇は、2017年以来、2度目。昨年も3位に入っており、佐藤琢磨はインディ500に輝かしい歴史を刻んだ。

なお今年のインディ500は、新型コロナウィルス感染拡大のため約3カ月遅れて6月に開幕した2020年インディカーシリーズの第7戦として行われたが、8月開催、無観客開催となるのは史上初めてのことだった。インディ500は例年5月末のメモリアルデーウイークエンドに開催され、決勝日には30万人以上の観客を集めている。

画像: 第104回インディアナポリス500マイルレースを制した佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング/ホンダ)。終盤にトップに立ち、ディクソンの猛追を抑え込む快勝だった。

第104回インディアナポリス500マイルレースを制した佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング/ホンダ)。終盤にトップに立ち、ディクソンの猛追を抑え込む快勝だった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.